• 光回線

光回線は工事なしで利用できる?工事不要の2つのパターンとは

光回線にすれば通信速度が早くなり、より快適にインターネットを楽しめるようになります。しかし、光回線の導入の際には工事をするのが一般的であり、どんな工事なのか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。実は、光回線は必ずしも工事が必要ではなく、不要なケースもあります。ここでは、光回線の導入で工事をする必要のない2つのパターンについて紹介します。

1.光回線は工事不要で利用できる?

光回線を利用するためには、自宅に光ファイバーケーブルを引き込む必要があり、基本的には工事担当者に工事をしてもらうことになります。ただし、建物の構造や光回線の申し込み内容によっては、工事不要で光回線を利用できるケースもあるのです。工事不要であれば工事費用を支払う必要はなく、工事に立ち会うこともないためメリットは大きいでしょう。光回線の工事は事前に予約することになり、申し込みが多いと日程が先になってしまうこともあります。工事不要で利用できるならば、面倒なことは一切なく、すぐに利用開始できるのです。

2.光回線で工事不要の2つのパターンとは?

光回線の申し込みをしたときに、工事が不要となる2つのパターンが存在しています。それぞれ、どのような状況で工事が不要となるのか紹介します。

2-1.光コラボに乗り換え(転用)をする場合

現在フレッツ光を使っていて、ドコモ光やソフトバンク光など光コラボのサービスに転用する場合は、工事不要ですぐに光回線を利用することができます。光コラボとはフレッツ光と同じ回線を利用しているサービスのため、既存の回線をそのまま継続して使えるため、工事が不要なのです。ドコモ光やソフトバンク光はフレッツ光と同じプロバイダに対応しているケースが多いため、プロバイダの変更も必要ないケースがあります。さらに、解約金も不要なことがあるため、工事や費用をかけずにスムーズに乗り換えができるのです。

2-2.自宅に光コンセントがある場合

光回線は自宅に設置された光コンセントにLANケーブルを差し込むことでインターネットに接続する仕組みとなっています。そのため、すでに自宅に使用可能な光コンセントがあるならば、工事が不要であり、既存の設備を用いてすぐに光回線を利用できるのです。特にマンションなどの集合住宅では、前に住んでいた住民が光回線を利用していたケースがあります。あるいは、もともとサービスとして光回線への接続のための環境を整えている物件もあるのです。もし、光コンセントがない場合は、工事をしてもらい新しくコンセントを設置しなければいけません。すでに使用可能なコンセントがあるならば、新しい工事は不要であり、既存のものをそのまま使うことができます。

ただし、以前の住民が設置したコンセントが残っていても、それが実際に利用可能な状態にあるのか不明なケースもあります。その場合は、光回線の事業者に連絡して、工事が必要かどうか確認してみましょう。

3.光回線の利用において工事が必要な場合の注意点とは?

光回線を利用する際に工事が必要なケースでは、いくつか注意しなければいけないことがあります。どういった点に注意して工事をしてもらうべきか、ポイントを紹介します。

3-1.工事日の調整が必要になる

光回線の工事は、申し込みをしてすぐにやってもらえるわけではありません。たくさんの人が光回線の申し込みをしており、工事を待っているからです。そのため、事前に工事日の予約をしておく必要があります。工事は自宅で行われるため、立ち会わなければいけません。仕事などで忙しい人は、工事のためのスケジュールをあけておく必要があります。余裕を持って工事日を事前に決めておきましょう。

3-2.工事費用がかかる

光回線の工事をしてもらうためには工事費用が発生し、その金額は1万円を超えます。工事内容は戸建てやマンションなどで変わるため、工事費もそれぞれ異なるのですが、いずれにしても工事を受けるならば初期費用がかかってしまうのです。ただし、工事費用は一括で支払う必要はなく、分割払いにも対応してもらえます。月々のインターネットの接続料金と一緒に工事費用も分割で支払うことができます。もし、分割で支払う場合は、途中で解約したときに残債があるならば、解約時に一括で残りを返済しなければいけません。光回線の事業者のホームページで、工事料金についてシミュレーションできるところもあります。

3-3.ネットの利用開始まで時間がかかるケースがある

光回線の申し込みが引っ越しシーズンである場合、工事の予約がなかなかとれないことがあります。工事ができなければ光回線の開通ができないため、予約が込み合っていると申し込みから開通までに2週間~1カ月ほどかかってしまうことがあるのです。たとえ申し込みを済ませても、開通するまでの間はネットを利用することができないため、注意しましょう。たとえば、3月や4月などは大学生や新社会人がマンションに光回線を導入するケースが多くなります。引っ越しの少ない時期には光回線の新規申し込みも少なくなる傾向があるため、できれば、その時期を狙って申し込みましょう。住んでいる地域によっても、予約の状況は変化します。

3-4.マンションで利用する場合大家さんへの確認が必要になる

マンションでは、共有部と各戸がLANケーブルなどでつながっていないケースがあり、この場合は光回線のために別途工事が必要となります。新しく配線の工事をしたいときには、マンションの大家さんに許可をとらなければいけません。無許可で工事をしてしまうと、後でトラブルに発展する可能性が高いでしょう。配線工事では壁に穴をあけるケースもあり、部屋の状況が変わってしまいます。光回線の申し込みをする前に、マンションの大家さんに工事可能かどうか問い合わせをしておきましょう。工事が可能でも、退去時には元に戻すことを求められるケースもあります。

4.光回線以外も検討しよう!工事不要でネットを利用する方法

工事不要でネットを利用したいならば、光回線にこだわるよりも、別の選択肢を検討したほうがよいケースもあります。工事不要でネットをするためにどういった選択肢があるのか紹介します。

4-1.モバイルルーターを利用する

モバイルルーターを用いると工事不要でインターネットに接続することができます。モバイルルーターとは、持ち運び可能なルーターであり、SSIDとパスワードをパソコンやスマホ上で入力することで、すぐにネットを利用できるのです。サービスを提供している会社と契約して、ルーターを入手したその日から自宅でも外でも快適にインターネットを始められます。光回線と比較すると速度は落ちるのですが、高速通信は可能であり、通常の動画視聴も快適に行えるのが特徴です。大きな容量のデータもスムーズに扱えるでしょう。

モバイルルーターはさまざまなOSに対応しているため、自分の持っているパソコンやタブレットでも扱えるでしょう。ルーターとはWi-Fiで接続可能であり、LANケーブルを用意する必要はありません。複数のアンテナを設置し、電波の弱い場所でも通信品質を維持できる機能のあるものもあります。さまざまな会社から独自の機能やスペックのモバイルルーターが、高速モバイル通信のサービスと共に提供されています。

4-2.ホームルーターを利用する

モバイルルーターだけではなくWiMAXのホームルーターでも工事不要ですぐにネットを始められます。WiMAXのホームルーターはコンセントに接続して、SSIDとパスワードを入力するだけですぐにネットに接続できます。難しい設定をする必要がなく、IT機器を扱うのが苦手な人でも気軽に利用できるでしょう。自宅に据え置きしておくことが前提のため、モバイルルーターよりもサイズは大きいです。

5.モバイルルーター・ホームルーターのメリット

モバイルルーターとホームルーターにはそれぞれメリットがあります。光回線以外の選択肢として、魅力的な要素がそれぞれのルーターにあるのです。そんなモバイルルーターとホームルーターのメリットについて紹介します。

5-1.モバイルルーターのメリット

モバイルルーターには独自のメリットがたくさんあります。一体どういったメリットがモバイルルーターにあるのか説明します。

5-1-1.自宅だけでなく外出先でも利用できる

モバイルルーターは持ち運びできるように設計されており、軽量でコンパクトなサイズとなっています。そのため、自宅で利用するだけではなく、外出先で利用することも可能です。外出先でパソコンやタブレットのネット接続ができれば、調べ物をしたり仕事をしたりするのに役立ちます。持ち運びができるようにバッテリーが内蔵されているため、しっかりと充電していけば長時間使い続けられるでしょう。外出先で1日中使い続けたとしてもバッテリーが持つ機器が多いです。

モバイルルーターは出張の多いビジネスマンや学生に向いています。自宅以外でネットをする機会が多いならば、モバイルルーターを常に持ち歩くことで使用可能エリア内であれば、すぐにネットに接続できるのです。最新の機器であれば通信が安定しており、快適に利用できる程度の速度を出せます。

5-1-2.スマートフォンの月額料金を節約できる

スマートフォンのネット接続の料金が気になるならば、モバイルルーターを活用することでデータ通信量を節約できます。外出先でネット接続するときに、モバイルルーターを使うようにすれば、スマートフォンの通信料金を抑えられるのです。その結果、月額料金の安いプランに変更することができるでしょう。たとえば、ドコモのウルトラデータLLパックを利用しているならば、Lパックに変更することで2,000円(税抜)の節約となります。モバイルルーターの通信料金のなかには定額プランもあるため、ネットに接続し放題のサービスがあるのです。

5-2.ホームルーターのメリット

ホームルーターには独自のメリットがいくつかあります。光回線やモバイルルーターとは違ったメリットがあるため、選択肢のひとつとして検討してみましょう。そんなホームルーターのメリットについて説明します。

5-2-1.有線接続もできる

ホームルーターは無線通信以外にも有線接続によるインターネットの利用が可能な機器もあります。LANケーブルを利用してホームルーターと接続すれば、通信がより安定して、快適にインターネットができるようになるのです。基本的にインターネットの接続は無線より有線のほうが速度や安定性が高いとされています。無線は電波干渉を引き起こす機器や建物の構造によって速度が落ちるケースがあるのです。有線の場合は、ケーブルに異常がなければ、特に問題なくネット接続ができます。また、最新の無線接続の規格に対応していない古い機器の場合でも、有線ならばネットができるケースがあります。

5-2-2.モバイルルーターよりも安定した通信が可能

モバイルルーターは、安定した通信を実現するためにバッテリーを節約しながら使わなければいけません。バッテリーが切れそうになると、接続が不安定になり速度が落ちてしまうことがあるのです。一方、ホームルーターは持ち運ぶ必要がなく、バッテリーの心配がありません。常にコンセントから電源を供給でき、バッテリーの影響を受けることがないため、常に高出力で安定した通信ができるのです。また、ホームルーターはサイズを小さくする必要性がないため、アンテナは大きいものが使用されており、電波の受信が良いというメリットもあります。有線接続も無線接続も、どちらも安定しており高速な通信を実現できるのです。

5-2-3.バッテリーの劣化を気にする必要がない

バッテリーを搭載しているモバイルルーターを長時間使っていると、バッテリーの劣化が進んでいきます。基本的にバッテリーは消耗品であるため、長く使っているほど故障のリスクが高まり、最終的には交換しなければいけません。一方、ホームルーターには最初からバッテリーが搭載されておらず、コンセントに接続して使用するため、バッテリーの劣化を気にする必要がありません。もし、モバイルルーターのバッテリーが劣化し交換が必要になると、手間と費用がかかってしまいます。新しいモバイルルーターを買ったほうが安上がりなケースもあるのです。こういった心配がホームルーターにはありません。

6.モバイルルーター・ホームルーターを選ぶときのポイント

モバイルルーターやホームルーターは多くの会社が提供しており、機器のスペックやサービス内容などが異なっています。そこで、どういった点に注意をするべきか、モバイルルーターとホームルーターを選ぶときのポイントを紹介します。

6-1.月額料金の安さ

モバイルルーターやホームルーターを利用するためには、毎月料金を支払うことになります。月額料金の設定は、それぞれの会社ごとに異なっており、通信コストを抑えるためには、会社選びが重要となるのです。それぞれの会社の月額料金を比較してみて、より安く提供している会社を探してみましょう。また、新規申し込みの際にお得なキャンペーンが用意されていることもあるため、各社のホームページをチェックするとよいでしょう。

例えば、キャッシュバックキャンペーンを実施している会社があり、期間内に申し込みをすればお金をもらえます。初期費用をお得に設定している会社があり、端末費用を0円にしているケースもあるのです。また、スマートフォンとのセット割を用意している会社もあります。興味があれば、契約中のスマートフォンの会社と提携しているサービスを探してみるとよいでしょう。また、同じ会社でも、複数のプランを用意していることがあります。速度制限があるプランのほうが安く、無制限で使い放題のプランは高くなる傾向があります。

6-2.サポートは充実しているか

ホームルーターやモバイルルーターを利用していると、さまざまな原因により破損や故障などが発生するケースがあります。また、モバイルルーターは外出先で紛失してしまうリスクが常にあるでしょう。こういった事態におけるサポートが充実している会社を選ぶと安心できます。会社ごとにサポート内容は大きく異なっているため注意しましょう。盗難や紛失時の手続きの方法も契約している会社ごとに違いがあるため、手続きの簡単なところを選ぶようにしましょう。

たとえば、端末補償サービスを提供している会社があり、トラブル時に交換用の製品を届けてくれます。万が一、ルーターを紛失してしまい、見つからなかったとしても、新しいものを無料で用意してくれるのです。ただし、サポートの対象外となるトラブルが設定されていることも多いため、注意しましょう。

6-3.最新端末を用意しているか

ホームルーターやモバイルルーターは、最新端末を利用したほうが機能も充実していて、スペックが高く、快適にネットを利用できます。会社によって、最新端末の取り扱いが異なるため注意しましょう。また、その会社の扱っている端末が最新のものかどうかは、機器の発売日をチェックすることで分かります。最新端末のなかには、ギガビット超えの高速通信を可能にするものもあるのです。また、電波性能や形、専用アプリなどにこだわっている最新端末もあります。

最新端末のほうが、電池容量も大きく、連続通信時間が優れているものが多いです。急速充電に対応していて、すぐにバッテリーを100%にできるものもあります。最新端末であれば、最新の通信規格に対応しており、新しいOSでも問題なく利用できるでしょう。ルーターは毎年新しいモデルが登場しており、それぞれの季節ごとに最新端末が登場するケースもあります。機器の発売日ができるだけ新しいものを選びましょう。

6-4.通信速度は早いか

通信速度が遅いと、WEBページが開くまでに時間がかかり、ファイルのアップロードが終わるまで待たされることもあります。そのため、通信速度はネット利用の快適性に直結する要素であり、通信速度が早いかどうかを確認しておくことは大切です。ルーターのスペックを確認すると、上りと下りの速度が掲載されています。下りとは、WEBページの閲覧や動画の視聴などの速度であり、上りはアップロードするための速度です。どちらの速度もネット利用で重要な要素となるため、両方の速度をチェックしておきましょう。

大部分の人にとっては、上りよりも下りの速度のほうが重要となります。コンテンツを利用することがメインであれば、下りの速度が影響するのです。ただし、最近はネット上で動画をアップロードしたり、情報を発信したりする人が増えています。情報を積極的に発信する人にとっては、上りの速度にこだわることも大切です。基本的に下りの速度が早ければ、上りの速度も早くなっています。

7.モバイルルーター・ホームルーターはWiMAXがおすすめな理由

もし、モバイルルーターやホームルーター選びに悩んでいるならば、WiMAXはおすすめです。どうしてWiMAXがおすすめなのか、その理由を紹介します。

7-1.同時接続台数が多い

家族みんながネットを利用する場合には、ルーターの同時接続台数は重要な要素となります。それぞれの機器ごとに同時接続できる台数は違うのです。たとえば、ホームルーターの「HOME L02」であれば、最大で40台まで同時接続できます。同時接続台数が大きければ大きいほど、大人数でネットに接続したときに安定性が高まり、快適に利用できるのです。同時接続台数とは、同時に接続できるデバイスの数であり、快適にネット利用できる限界の数字となっています。同時接続台数を超える数の接続があると、ルーターの機能が低下してしまうのです。ルーターの同時接続台数は性能の高さを示しているため、同時接続台数はできるだけ多いものを選びましょう。

7-2.通信速度は下り最大440Mbpsと早い

WiMAXは、下りの通信速度が最大440Mbpsとなっているため、快適にネットを利用できます。また、モバイルルーターの「W06」では、USBケーブルを用いてデザリングができて、下りで最大1.2Gpbsの高速通信が可能です。外出先でネットに接続して仕事をしたいビジネスマンに特におすすめします。ネットの通信速度は、作業効率に直結する要素のため、できるだけ早いほうが仕事は捗るのです。ただし、下りの最大速度は、あくまでも理論値であり、実際に最大速度が常に出ることを保証しているわけではありません。利用する機器や提供エリア、混雑状況などによって、通信速度は常に変化します。それでも、通信速度の最大値が高いほうが、高速通信を実現しやすくなります。

7-3.速度制限なしでも利用できる

WiMAXでは、月額データ容量7GBのプランに加えて、月額データ容量無制限のプランもあります。データ容量無制限であれば、速度制限がないため、光回線と同様にデータ容量を気にせずにネットを楽しめます。また、いつでもプランを変更することが可能なため、たくさん使用する月だけデータ容量無制限のプランを利用するという方法もあります。動画を視聴する、ゲームをする、大容量のデータをダウンロードするなどの用途でネットを利用するならば、データ容量7GBでは、すぐに上限に達してしまうでしょう。頻繁にネットを利用する人に速度制限なしのプランは特におすすめです。

7-4.月額料金が光回線と比べて安い

WiMAXの月額料金は光回線よりも安くなっているため、自宅のネット回線をWiMAXにすれば、通信コストを節約できます。例えば、フレッツ光の戸建ての料金は月額5,700円(税抜)となっています。一方、WiMAXのギガ放題のプランでは月額4,263円(税抜)であるため、WiMAXのほうがお得です。また、WiMAXの通常プランの場合、7GBのデータ容量の制限があるのですが、3,609円(税抜)のためさらに安くなります。ただし、WiMAXの料金はプロバイダとしてGMOとくとくBBを選んだ場合です。WiMAXであれば、新規申し込みの特典があるため、よりお得になります。

7-5.通信モードを切り替えることができる

WiMAXのルーターには、ハイスピードモードとハイスピードプラスエリアモードという2つの通信モードがあります。通常設定はハイスピードモードであり、そこからハイスピードプラスエリアモードに切り替えると、au 4G LTE網に接続できて、電波の届かない場所でもネットができるようになるのです。もし、WiMAXと3年契約した場合は、ハイスピードプラスエリアモードを無料で利用できます。USBケーブル接続時の通信速度で、ハイスピードプラスエリアモードは下り最大1.2Gbpsであり、Wi-Fi接続時でも最大867Mbpsです。一方、ハイスピードモードの場合は、下り最大558Mbpsとなっています。ハイスピードモードでも通常のネット利用では特に問題ないのですが、ハイスピードプラスエリアモードであれば、さらに快適になるのです。

8.工事不要にするなら光回線以外にもWiMAXを検討しよう!

もし、光回線の工事をしたくない、できないのであれば、WiMAXのモバイルルーターやホームルーターという選択肢があります。光回線以外の選択肢として、WiMAXも検討してみるといいでしょう。

※公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

※内容を入力してください。