自宅で使うおすすめのWi-Fiはこれ!プロバイダー・機種別に解説

普段の生活でインターネットを使っている人でも、Wi-Fiを自宅で利用する必要性はあるのかという点は悩みどころです。また、インターネットの使用を始める際、「さまざまな回線があって、違いがよくわからない」という人でも、それぞれの違いをしっかりと押さえておくことで目的に合ったサービスを選択できます。この記事では、Wi-Fiを自宅で利用するにあたってどんな準備が必要なのか、工事の必要があるのかについて解説していきます。記事を読んで、自宅でWi-Fiを利用するときの参考にしましょう。

1.そもそもWi-Fiを家でつなぐ必要性はある?

現代の生活では、インターネットを利用してパソコンを使用したり、スマホで動画を見たり、ゲームをしたりするなど、さまざまな楽しみ方が増えています。しかし、インターネットに繋がることが当たり前になりすぎて、そもそもインターネットを利用する際に、「Wi-Fiを自宅でつなぐ必要があるのか」という点に疑問を持っている人は多いでしょう。ここでは、自宅でWi-Fiを利用するメリットなどについて紹介します。

1-1.インターネットが快適に楽しめる

自宅でWi-Fiを利用すると、インターネットが快適に楽しめるようになるという点は最大のメリットといえるでしょう。例えばスマホで頻繁に動画を視聴するといった場合に、使い方によってはすぐに速度制限がかかってしまいます。速度制限がかかると、調べものなどいざという時にインターネットの速度が遅くなり、使用中に切断されてしまうといったストレスが生じるケースがあります。

次に、自宅にWi-Fiがあることで、パソコンやゲーム機の使用、動画視聴や音楽、アプリなどを快適に楽しむことができるようになる点もメリットのひとつです。Wi-Fiがあれば、速度制限を気にすることなく、動画や音楽などを楽しめます。また、スマホのパケット量が多く、毎月料金が高くなっているような場合、自宅でWi-Fiを利用すれば、結果として通信料の節約にもつながる可能性があります。

1-2.複数デバイスに繋げることが可能でスマホのパケット量の節約になる

自宅でWi-Fiを繋げられると、家族みんなが同時にスマホやパソコン、タブレットなどを利用することが可能になります。加えて、自宅にWi-Fiがあると、自分のスマホのモバイル回線を使用しなくてもインターネットを楽しむことができます。スマホの場合、パケット通信量には上限が設けられていることから、上限を超えて利用すると、追加の費用がかかってしまうのです。そのため、自宅にWi-Fiがあれば、スマホのパケット量の節約になるという点もメリットのひとつといえます。

2.家でWi-Fiを利用できる回線の種類

Wi-Fiを利用できる回線の種類については、回線ごとに特徴やサービス内容は異なり、その上たくさんの種類がありすぎてどれをどう選べばいいのか分からないという方が多いと思います。ここでは、それぞれの回線の種類を見ていきましょう。

2-1.光回線

光回線とは光ファイバーを利用した通信のため、通信速度が安定していて速いのは光回線を利用する大きなメリットといえるでしょう。光回線の場合、基地局からの距離で速度が左右される心配はありませんので動画を見たり、ゲームをしたりする場合には、通信速度を気にせず利用できる光回線が特に適しているといえます。

ただ、光回線は頑丈な回線設備を必要としています。故に、費用が比較的高くなってしまう点はデメリットです。また、光回線の利用をスタートするときには、回線の引き込み工事に伴って立ち合いも必要となります。仕事やプライベートなどで忙しい場合、「立ち会うのが難しい」という人にとっては、この点はデメリットとなるでしょう。このように、光回線の場合は開通までに日数もかかってしまうため、すぐに利用をスタートさせることができないという問題があります。

2-2. ADSL

ADSLとは、「Asymmetric Digital Subscriber Line」の頭文字をとったものであり、日本語で「非対称デジタル加入者線」と呼ばれる通信技術のことをいいます。ADSLに関しては、電話回線を利用したインターネット回線というとイメージしやすくなるでしょう。NTT基地局からの距離が遠い場所で通信サービスを利用しようとしたとき、ADSLの場合には通信速度が遅くなり、不安定になるケースもあります。日常的に動画やゲームを楽しむ人にとっては、この点がADSLのデメリットとなります。

ただ、ADSLの場合、光回線を利用したときよりも利用料金が安いという点は大きなメリットです。低料金でインターネットを利用したい人にとっては、ADSLも選択肢のひとつといえるでしょう。加えて、ADSLは広い範囲をカバーしているため、現在光回線が開通していない地域ではADSLが良いといわれています。

2-3. WiMAX

WiMAXは、UQコミュニケーションズという大手通信事業会社がサービスを提供しています。WiMAXとは、ケーブルを使用しない無線のインターネット接続サービスのことをいい、モバイルタイプは無線であるため、自宅に限らず持ち運んで外出先でもインターネットを快適に利用できるというメリットがあります。

また、WiMAXは工事不要のため、自宅に固定の光回線やADSLなどを構築しなくても、サービスの利用をスタートさせることが可能です。WiMAXのサービスエリア内であれば、場所や時間を問わずにインターネットの接続ができる点はメリットのひとつといえるでしょう。ただし、WiMAXの場合、エリアによっては電波の弱い場所も見られます。自宅でWiMAXを利用する際には、電波が弱い場所にあたらないかどうかをしっかり確認しておくことが欠かせません。利用エリアが通信の提供エリアであれば、すぐに利用をスタートさせることができるので、引っ越し先で回線を契約し直す必要もなく、WiMAXがあればパソコンやゲーム機などもインターネットに接続ができます。設定などが苦手な人でも、WiMAXなら簡単に利用開始できるでしょう。

3.家でWi-Fiを利用するなら「WiMAX」がおすすめ!

それぞれのWi-Fiのメリット・デメリットを総合的に考えていくと、自宅で使うWi-FiとしておすすめできるのはWiMAXといえるでしょう。ここでは、WiMAXが自宅での利用に適している理由を順番に紹介していきます。

3-1.面倒で高額な工事が不要

工事費不要、即日開通

工事に関する手間や工事費用などをかけずに手軽に利用をはじめられるのが、WiMAXの大きなメリットです。通常インターネット光回線を設置しようとすると工事が必要になるケースがほとんどですが、工事をするとなると業者との日程調整や工事立ち合いなど、手間も時間もかかります。しかし、WiMAXの場合は、面倒な工事は一切不要です。WiMAXの端末が自宅に届いたら、電波につなぐだけで利用をスタートさせることができます。また、WiMAXは工事が不要であることから、インターネット光回線で生じるような高額な工事費用もかかりません。さらに、光回線の場合は、引っ越しなどによる解約時に「撤去費」を請求されるケースもありますが、当然ながらWiMAXの場合は撤去費もかかる心配はありません。

3-2.データ容量を気にせず使える

WiMAXの場合は、月間のデータ容量が上限なしで使用できるプランがあります。ただ、WiMAXの上限なしのプランでも制限がまったくないというわけではなく、3日間で10GBが上限となっています。上限を超えた場合、規制時間も翌日のみ夕方の6時~深夜2時までの8時間は1Mbpsと、比較的ゆるい制限がかかります。制限がかかる時間帯は多くの人にとってインターネットをよく使う時間帯となりますが、通信制限自体がゆるく、一般的な使い方をする場合には特に問題がないといえるでしょう。これらのことから、自宅にWiMAXがあれば、スマホのデータ容量を気にしたり、パソコンのサイト閲覧などで上限を心配したりしなくて良いため、ストレスを感じることなく使用ができるという特徴があります。

3-3.光回線よりも月額料金が安い

WiMAXの場合、光回線よりも月額料金が安いというメリットもあります。光回線の月額料金は、戸建ての場合毎月5,500円(税抜)超、集合住宅でも4,000円(税抜)程度はかかるのが一般的です。さらに、オプションサービスをつけると追加の料金が発生します。しかし、WiMAXなら月々3,000~4,000円(税抜)程度でインターネットの利用ができます。月額料金を比較するとわかるように、WiMAXは光回線よりも月々の料金を安く抑えることが可能です。

4.家のWiMAXでWi-Fiを利用するための準備・方法とは?

自宅のWi-FiとしてWiMAXを利用するのは非常に簡単です。ここでは、WiMAXの利用をスタートさせるにあたって必要な確認ポイントを紹介します。

4-1.エリアの確認

エリアマップ

WiMAXを快適に利用するためには、エリア確認が欠かせません。主に自宅でWiMAXを利用するのであれば、自宅が通信の提供圏外になっていないかどうかをチェックしておきましょう。契約前に公式ページから「エリア確認」をすると、圏外かどうかがわかります。サービスエリアマップやピンポイントエリア判定の結果を参考にして、自宅付近がサービスの対象エリアとなっているかを確認したうえで、サービスの利用をはじめましょう。また、WiMAXは地下鉄や地下街など、エリアを拡大しています。これらの場所でサービスを利用する場合は電波が届きにくい可能性もあるため、利用頻度が多い場合はサービス提供エリアとなっているかをチェックしておくことがポイントです。

4-2.プロバイダー選び

プロバイダー選びでは、いくつかのポイントを押さえておくことが欠かせません。まず、同じUQ WiMAXでもキャンペーンや利用料の違いでいくつかのプロバイダーから提供されています。多くのプロバイダーのなかから目的に合ったものを選ぶときの基準として、料金面が挙げられます。具体的には、「契約期間の料金総額がいくらになるのか」という視点が、お得なプロバイダーを選ぶうえでのポイントのひとつといえるでしょう。WiMAXの場合、プロバイダーによって通信速度や対応エリアの違いはありません。そのため、プロバイダーごとの料金の総額を比較すると、コストを抑えられるというメリットがあるのです。
料金の総額について具体的に説明すると、プロバイダー選びの段階で各プロバイダーの月額料金だけを見ていると、どのプロバイダーを選んでも同じように見えてしまうことがあります。しかし、キャッシュバックなどの特典がある場合にはその特典を差し引いて計算すると、一見月額料金がどこよりも安くみえるプロバイダーでも、冷静に計算してみると総額料金が高くなっているケースもあるのです。プロバイダー選びでは、総額料金に重きをおいたほうが結果的にお得といえるでしょう。

4-3.機種選び

WiMAXには、ホームルーターとモバイルルーターのふたつのラインナップがあるため、それぞれの違いもしっかりと押さえておきましょう。また、機種ごとのスペックを確認して、使用用途にあった機種を選ぶと、より快適にインターネットを利用することができます。
端末機種を選ぶ場合には、利用シーンなどを参考にすることはもちろん、できるだけ最新機種にすることなどがポイントです。たとえば、外出先でも快適に使いたい場合は「W06」か「WX05」、自宅でしか使わない場合はホームルーターの「L02」や「HOME 01」がおすすめです。

モバイルルーターの場合

Speed

外出先でも利用したいという方であればおすすめは持ち運びが可能なモバイルルーターです。モバイルルーターを選ぶ際には、最大通信速度やバッテリーの持ちがポイントになるでしょう。
その点でいうと、「W06」は下り最大1.2Gbpsです。ただ、この最大1.2Gbpsは有線接続をしてハイスピードプラスエリアモードでハイパフォーマンスモードおよび4×4MIMO設定オンでご利用時の場合とありますがWi-Fi(無線)接続時でも下り最大867Mbpsなので機種の中では一番の速さを出せる端末です。
また、バッテリーの持ちに関しても連続待ち受け時間で約800時間、連続通信時間で約9時間なので一日外出していても十分に持ちます。

ホームルーターの場合

Speed Wi-Fi HOME LO2

自宅の固定回線代わりに使う場合は宅内環境向きの設計と電源に挿して使うため、電池パックの劣化が起こらないのでホームルーターの方が自宅での利用に適しています。ホームルーターを選ぶ際には最大通信速度の他に宅内環境での適応力が見るべきポイントです。
最新機種のホームルーター「L02」であれば、ハイスピードモードでLANケーブルに接続しての利用であれば下り最大1GbpsでWi-Fi(無線)接続時でも下り最大867Mbpsと高速通信が可能です。また、4本の高感度アンテナで360度全方位をカバーできより電波をキャッチできる点やWi-Fi TXビームフォーミングが搭載で受信速度が良く、通信の安定性に優れているため、自宅での利用にも適しているといえます。

5.家のWi-Fi用におすすめのWiMAXのプロバイダー

ここでは、自宅でWi-Fiを利用するにあたって、WiMAXを契約する際に推奨するプロバイダーと機種を紹介していきます。
プロバイダー選びで迷ったら、GMOとくとくBBがおすすめです。GMOとくとくBBは、月額料金が安いキャンペーンのほか、高額キャッシュバック特典がついてくるキャンペーンを実施しているため前述で説明した総額費用でみてもお得といえるからです。さらに、GMOとくとくBBでは、20日以内なら解約違約金が無料でキャンセルすることができます。たとえば、エリアマップでは提供エリアになっていたのに、「実際に使ってみたら通信速度がでなかった」や「初めてWiMAXを利用するから、一度試してみたい」などという場合に、20日以内なら解約違約金が無料になるサービスは利用者にとって安心材料となるでしょう。ただし、契約事務手数料や初月料金は必要となるため、この点は注意が必要なので申し込み時に注意事項等を確認しておきましょう。
さらに、GMOとくとくBBは、キャッシュバックキャンペーンであれば月額3,609円(税抜)~で利用が可能です。光回線の月額料金は、戸建ての場合毎月5,500円(税抜)超、集合住宅では4,000円(税抜)程度かかるため、これらの金額と比較すると、GMOとくとくBBの月額料金がとても安いことがわかるでしょう。GMOとくとくBBを選んだら、申し込み手続きを行います。申し込みをしたら、端末機器が発送されますが、端末機器の送料は全国無料で申し込み即日に発送も可能です。申し込みのときに通常発送を選択すると、申し込みをした日から4営業日以内に端末機器を順次発送していきます。ただし、端末機種によっては、平日15時30分まで、土日祝日14時までに申し込み完了すると、即日発送も可能となります。

6.自宅のWi-FiはGMOとくとくBBのWiMAX

この記事では、Wi-Fiを自宅で利用するメリットを紹介し、さまざまな回線とともにWiMAXについて解説してきました。光回線を利用する場合には、工事の立ち合いや高額なコストが必要となるなど、いくつかのデメリットがあります。現代人が生活をしていくうえでインターネットは欠かせないものなので「安定して利用ができる」などに加えて、月額料金が安く抑えられているかどうかという点も重要なポイントの一つといえるでしょう。Wi-Fiの場合は、光回線のときのような工事の立ち合いはありません。加えて、ケーブルをつなぐ必要もなく、高額な初期・月額費用を支払う必要もないなど、たくさんのメリットがあります。

結論、自宅Wi-Fiで悩んだらお得とされているプロバイダー契約のなかでも、「GMOとくとくBB」がおすすめです。GMOとくとくBBであれば月々の料金が安いキャンペーンや高額なキャッシュバックのもらえるキャンペーンを実施しているだけでなく、20日間解約違約金が無料になるサービスも実施しています。そのため、GMOとくとくBBでは最新の端末をお得に利用できるというメリットもあるので、快適にインターネットを利用したいなら、GMOとくとくBBを検討してみましょう。

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

※内容を入力してください。