【2020年】家で使うおすすめのWi-Fiはこれに決まり!プロバイダー・機種別に紹介

家のネット環境を良くするために、Wi-Fiの利用はとても効果的です。
とはいえ、Wi-Fiの種類はたくさんあり、どれを選ぶべきか分からない人も多いのではないでしょうか。

自分の状況に合ったWi-Fiでないと、性能面でも料金面でももったいないケースが多々あります。

そこでこの記事では、家でWi-Fiを利用する魅力と共に、おすすめのWi-Fiについて解説します。
また、Wi-Fiを導入する方法もありますので、最後まで読めば家のWi-Fiに関してはばっちりです。

自宅でWi-Fiを使って、インターネットの速度に困らない生活を手に入れましょう。

1 家にWi-Fiがあるだけで得られる2つの魅力

今となってはほとんどの場所でどこでもインターネットにつながります。
そんな中でわざわざ自宅にWi-Fiを利用する必要はあるのか疑問を持つ人も多いでしょう。

結論、自宅にWi-Fiを導入すると次の2つの大きな魅力があります。

  • 快適なインターネット環境が手に入りストレスを感じない
  • スマホなどのパケット量を節約できてお得になる

Wi-Fiは満足できるインターネットライフを送るために重要なものです。
その魅力について詳しく解説しましょう。

快適なインターネット環境が手に入りストレスを感じない

自宅でWi-Fiを利用すると、インターネットが快適に楽しめるようになる点は最大のメリットです。
例えば、スマホで動画を視聴する場合、動画を高画質で見たり、長時間見たりするとすぐに速度制限がかかってしまいます。
そうなると、いざという時にインターネットの速度が遅くてなかなか検索や電話ができないといったストレスが発生してしまいます。

しかし、もし自宅にWi-Fiがあれば、

  • 動画視聴
  • パソコンやゲーム機の使用
  • 音楽やアプリのダウンロード

などがとってもスムーズです。

一度でもインターネットが遅くて困った経験があるなら、自宅にWi-Fiを導入するのがおすすめです。

スマホなどのパケット量を節約できてお得になる

自宅にWi-Fiがあると、自分のスマホのモバイル回線を使用せずにインターネットを楽しめます。
ですのでスマホのパケット量を節約でき、効率的にスマホを使えるようになるのです。

スマホにはパケット通信量に上限が設けられており、もし上限を超えて利用すると速度制限や追加の費用がかかってしまいます。
そのため自宅にWi-Fiを導入すれば、パケット通信料の節約によってムダなスマホの出費を防ぐ効果もあります。

このように自宅のWi-Fiはインターネットの速度だけでなく、スマホ料金もお得にする効果も期待できるのです。

2 家でWi-Fiを利用するための回線は3種類

実はWi-Fiを利用できる回線の種類は複数あります。
主な回線は次の3つです。

  • 光回線
  • ADSL
  • WiMAX

「一体、何が違うの?」と疑問に思う方が多いのではないでしょうか。
これらの違いを知っていれば、本当に自分に合ったWi-Fiを選択できます。

それぞれどのようなものか詳しく解説しましょう。

光回線

光回線とは、最大10Gbpsの速さの光ファイバーを利用した通信のため、通信速度が安定していて速い点が特長です。
さらに、回線工事を行うため基地局からの距離で速度が左右されない点も魅力になります。
もし自宅で動画やゲームを長時間使う方なら、通信速度が速い光回線がピッタリです。
その中でも、ドコモ光auひかりであればスマホとセットでお得にお使いいただけます。

ただし、光回線は次の2点がデメリットです。

  • 最初に工事費がかかるため、導入費用がやや高い
  • 回線工事の立会いをするので、すぐに利用をスタートできない

安定さや速さなどの機能面が充実している分、初期費用や時間がかかってしまいます。
もし今すぐWi-Fiを使いたいなら、後述するWiMAXがおすすめです。

とはいえ最高のインターネット環境を手に入れて動画視聴やゲームを楽しみたい方は、光回線で決まりといえるでしょう。

ADSL

ADSLとは、「Asymmetric Digital Subscriber Line」の略であり、日本語で「非対称デジタル加入者線」と呼ばれる通信技術です。
電話回線を介したインターネット回線と思えばイメージしやすいのではないでしょうか。

NTT基地局からの距離が遠い場所で通信サービスを利用しようとすると、ADSLでは通信速度が遅くなりがちです。
そのため日常的に動画やゲームを楽しむ人にとっては、ADSLは向いていません。

一方、ADSLのメリットは光回線より利用料金が安い点です。
低料金でインターネットを利用したい人にとっては、ADSLも選択肢のひとつといえるでしょう。

ただし現在ではADSLを取り扱っている会社は少ないので、あまりオススメではありません。

WiMAX

WiMAXとは、UQコミュニケーションズという大手の通信事業会社が提供する無線でインターネットに接続できるサービスのことです。

WiMAXには、

  • ホームルータータイプ
  • モバイルタイプ

の2種類があり、自由に選ぶことができます。
モバイルタイプなら軽量で持ち運びしやすいため、外出先でもインターネットを快適に利用できる点がメリットです。
その他にも、

  • 工事不要ですぐにWi-Fiを使い始められる
  • 設定が簡単で使いやすい

といった特長も魅力になります。
引っ越しや出張先でもWi-Fiを契約し直すことなくパソコンやゲームなどを使えるようになるのです。

一方、エリアによっては電波が悪いというデメリットがあるので、しっかりと留意しておいてください。
もしWiMAXの通信速度に少しでも不満を感じた経験があるなら、光回線への移行がおすすめです。
光回線なら非常に速くて安定しているので、通信速度の問題を簡単に改善できますよ。

3 手軽にWi-Fiを利用するなら「WiMAX」がおすすめ!

Wi-Fiを使うための回線は分かったけれど、一体どれを選ぶべきか分かりづらいですよね。
それならまずは『WiMAX』を使ってみるのがおすすめになります。
理由は次の3つです。

  • 面倒で高額な工事がいらなくて手軽
  • ギガ放題プランの場合、月間データ容量を気にせず使い放題でお得
  • 光回線より月額料金が安くて始めやすい

このようにWiMAXなら手軽で簡単にインターネットの通信環境が手に入ります。
ここではWiMAXが自宅での利用に適している理由を解説しましょう。

面倒で高額な工事がいらない

工事費不要、即日開通

工事の手間や費用などをかけずに手軽に利用し始められるのが、WiMAXの大きなメリットです。

通常インターネット光回線を設置しようとすると、工事が必要になるケースがほとんど。
そのため工事をする場合は、業者との日程調整や工事の立ち合いなど、手間も時間もかかります。

しかし、WiMAXなら面倒な工事は一切不要です。
WiMAXの端末が自宅に届いたら、簡単な設定だけで利用をスタートできます。
高額な工事費用もかからないので、節約してWi-Fi環境が手に入るのです。

また、光回線の場合は引っ越しや長期の出張などによる解約時にかかる「撤去費」を請求されるケースもあります。
しかしWiMAXなら撤去費も一切かかりません。

データ容量を気にせず使える

WiMAXには、月間のデータ容量の上限がないプランがあります。
上限がないプランを選べば、月間データ容量を常に気にしている必要はありません。

ただ、WiMAXの上限なしのプランでも制限が全くないわけではないです。具体的には、3日間で10GBが上限となっています。
上限を超えた場合、翌日の夕方6時~深夜2時までの8時間で1Mbpsまで速度制限がかけられてしまいます。

とはいえ、1Mbpsあれば標準画質のYouTube動画なら問題なく見れるので、そこまで生活に支障はありません。
これらのことから自宅にWiMAXがあれば、スマホのデータ容量やパソコンのサイト閲覧などの上限を心配せずに使い続けられるのです。

光回線よりも月額料金が安い

WiMAXの場合、光回線より月額料金が安い点も嬉しいメリットです。
具体的に光回線とWiMAXの価格帯を比べると、以下のようになります。

               

WiMAX 光回線
月額料金 3,000~4,000円(税抜)程度
  • ● 戸建て:5,500円(税抜)超
  • ● 集合住宅:4,000円(税抜)程度

光回線の月額料金は、戸建ての場合は毎月5,500円(税抜)超、集合住宅でも4,000円(税抜)程度はかかるのが一般的。
さらに、オプションサービスをつけると追加の料金が発生します。

しかし、WiMAXなら月々3,000~4,000円(税抜)程度でインターネットが使えます。
月額料金の比較から分かるように、WiMAXは光回線より月々の料金が安くてお財布に優しいのが特長です。

このように手軽さとお得さを兼ね備えているのが『WiMAX』になります。
ただし、WiMAXはエリアによってやや通信速度が遅い傾向です。

もし通信速度に不満を持ったら、光回線を検討してみるのもおすすめになります。

4 【簡単3STEP】家のWiMAXでWi-Fi導入する方法

自宅のWi-FiとしてWiMAXを利用する手順は非常に簡単で、次の3STEP のみです。

  • 1.WiMAXの提供エリアを確認する
  • 2.プロバイダーを選ぶ
  • 3.機種を選ぶ

たったこれだけでWiMAXと共に快適なインターネット環境が手に入ります。
それぞれのSTEPについて詳しく解説しましょう。

WiMAXの提供エリアを確認する

エリアマップ

WiMAXを快適に利用するためには、エリア確認が欠かせません。
主に自宅でWiMAXを利用するのであれば、自宅が通信の提供圏外になっていないかどうかをチェックしておきましょう。

契約前に公式ページから「エリア確認」をすると、圏外かどうかがわかります。
サービスエリアマップやピンポイントエリア判定の結果を参考にして、自宅付近がWiMAXの対象エリアか確認したうえで、サービスの利用を始めましょう。

ちなみに、現在WiMAXは地下鉄や地下街などエリアを拡大している最中です。
もし今はWiMAXの通信圏外だとしても、今後は圏内になる可能性があるのでチェックしておくのをおすすめします。

プロバイダーを選ぶ

WiMAX複数の事業者が提供しているので、プロバイダーを選ぶ必要があります。

プロバイダー選びの最大のコツは、『総額料金がいくらかを考える』です。
WiMAXの場合、プロバイダーによって通信速度や対応エリアの違いはないので、キャンペーンや特典でどれだけ費用を抑えられるかが重要になります。

プロバイダーによってキャンペーンや利用料金は異なります。
「このプロバイダーだと、契約期間の総額料金がいくらになるのか」という視点で、お得なプロバイダーを選ぶのがポイントです。
そうすれば結果的にコストを抑えられるようになります。

プロバイダーを比較する際は、月額料金だけを見ないように注意してくださいね。
魅力的なキャッシュバックや割引を加味すると、別のプロバイダーの方が総額料金は安くなる場合もあります。

総額料金に重きをおいて、最もお得なプロバイダーを選んでくださいね。

機種を選ぶ

最後にWiMAXの機種を選んで申し込めば終了です。

WiMAXには、ホームルーターモバイルルーターという2つのラインナップがあります。
スペックや使用用途をしっかりと押さえて、自分に適した機種を選びましょう。
そうすれば満足できるインターネット環境がみなさんの手に入ります。

端末機種を選ぶ場合には、利用シーンを参考にすることはもちろん、できるだけ最新機種にすることがポイントです。
例えば、

  • 外出先でも使うなら:「W06」や「WX06」など
  • 自宅でしか使わないなら:「L02」や「HOME 02」など

が該当するのでおすすめになります。
ここからはモバイルルータータイプとホームルータータイプについてもう少し詳しく解説しましょう。

モバイルルータータイプ

Speed

外出先でも利用したいという方であれば、持ち運びが簡単なモバイルルーターがおすすめです。
ただし、モバイルルーターを選ぶなら、最大通信速度やバッテリーの持ちをしっかりとチェックしましょう。

その点でいうと、「W06」がおすすめです。
W06なら、

  • 有線接続で下り最大1.2Gbps、無線接続時でも下り最大867Mbpsなので、機種の中では最も速い
  • バッテリーは連続待ち受け時間で約800時間、連続通信時間で約9時間も持つので、一日中使い続けられる

というように、非常に性能が高いです。

どこにいてもWi-Fiの快適さでインターネットを使いたいなら、モバイルルータータイプの「W06」がおすすめになります。

ホームルータータイプ

Speed Wi-Fi HOME LO2

自宅の固定回線代わりに使う場合は、ホームルータータイプが適しています。
宅内環境向きの設計と電源に挿して使うため、電池パックの劣化が起こらず、速度と安定性に優れているからです。

ホームルーターを選ぶ際は、『最大通信速度』と『宅内環境での適応力』がポイントになります。
おすすめは、最新機種のホームルーター「L02」です。

L02なら、

  • 有線接続で下り最大1Gbps、無線接続時でも下り最大867Mbpsという高速通信
  • 4本の高感度アンテナで、360度全方位の電波をキャッチ
  • Wi-Fi機器の位置に集中して電波を送る『Wi-Fi TXビームフォーミング』が搭載

というように、受信速度が速く、通信の安定性にも優れています。
自宅でWiMAXを使いたいのであれば、ホームルータータイプの「L02」でインターネット環境を整えましょう。

5 手軽なWi-FiでおすすめなWiMAXのプロバイダーは『GMOとくとくBB』

WiMAXを導入するうえで、最も悩むのは『プロバイダー』ではないでしょうか?
利用料金やキャンペーンが非常に多く、迷ってしまいますよね。

そんな方は『GMOとくとくBB』がおすすめです。
GMOとくとくBBなら、

  • 月額料金が安くて、節約できる
  • 高額なキャッシュバック特典がついてくるので、総額料金が安い
  • 20日以内なら解約違約金が無料で、いつでもキャンセルできる
  • 端末機器の送料が全国無料で嬉しい

というようにキャンペーンによって魅力的なポイントが盛りだくさんです。

「実際に使ってみたら通信速度がでないのではないか」
「初めてWiMAXを利用するから、一度試してみたい」

というような思いを持つ方も多いでしょう。
前述したようにGMOとくとくBBは、契約後20日以内なら解約違約金が無料なので、実質お試し期間があるのです。
その後にもし満足したら使い続けていただければかまいません。

ただし、契約事務手数料や初月料金は必要なので、申し込み時に注意事項等を確認しておいてください。

しかも今なら、GMOとくとくBBであれば1~2ヵ月目は月額3,609円(税抜)~で利用できます。
光回線の月額料金は、戸建ての場合毎月5,500円(税抜)超、集合住宅では4,000円(税抜)程度かかるため、GMOとくとくBBのWiMAXの月額料金が非常に安いです。

GMOとくとくBBは申し込み手続きをしてからも安心です。
なんと端末機器の発送は申し込み即日にでもできます。
平日や土日祝日のどちらも14時までに申し込みをしていただければ、端末の機種や在庫状況によっては最短即日発送となります。

もしWiMAXが使いづらかったり、圏外だったりする方なら、光回線にすれば大きな問題ありません。
GMOとくとくBBなら、光回線でもお得な特典付きで取り扱っているのでぜひ詳細をご覧くださいね。

6 自宅にWiMAXのWi-Fiを入れて、快適なインターネットライフを送ろう!

この記事では、Wi-Fiを自宅で利用するメリットを紹介し、WiMAXについて解説してきました。
光回線を利用する場合には、工事の立ち合いや高額なコストが必要となるなど、いくつかのデメリットがあります。

しかし、Wi-Fiの場合は光回線のような工事の立ち合いはありません。
加えて、高額な初期・月額費用を支払う必要もないため、多くの魅力を持っています。

とはいえWiMAXのプロバイダー選びに迷う人は多いはずです。
そんな方は『GMOとくとくBB』がおすすめになります。

GMOとくとくBBであれば、月々の料金が安いキャンペーンや高額なキャッシュバックがあるだけでなく、20日間は解約違約金が無料になるサービスも実施しています。

また、GMOとくとくBBなら最新のWiMAX端末もセットでお得に利用できる点もメリットです。
これからはインターネット環境に悩みたくないなら、『GMOとくとくBB』でのご契約を検討してみてはいかがでしょうか。

もしWiMAXだけでは満足にインターネット通信ができないという場合は、高速かつ安定した通信が使える光回線もGMOとくとくBBではご用意しております。
光回線でもあらゆるキャンペーンをやっていますので、ぜひ一度詳細
をご確認くださいね。

※公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

※内容を入力してください。