• 光回線

お家でWi-Fiを繋ぎたい!工事はどれくらいかかる?

Wi-Fiを自宅に設置して、インターネットが自由に利用できるようになると便利ですよね。しかし、Wi-Fi環境を整えるために何から始めればよいのかわからない人も多いかもしれません。利用にはまず工事が必要なケースもあります。

自宅での基本的なつなぎ方を知ることで、最短で無駄なくWi-Fiを利用できるようになるでしょう。ここではWi-Fiの利用時に工事が必要となる回線と、工事の必要がない回線について、それぞれを詳しく紹介していきます。

1.Wi-Fiが利用可能な回線

Wi-Fi環境を自宅で整えると、家族の誰もが自由にインターネットを利用することができます。ケーブルで接続する必要はないため、どこでも手軽に利用できる点がメリットです。電波が届く範囲であれば、パソコンやスマホ、ゲーム機など、異なるメーカーの端末からでも同じ仕組みでネット接続ができます。

ただし、Wi-Fiを利用した無線通信の環境を作るためには、インターネット回線をあらかじめ用意しなければなりません。その際、利用可能なインターネット回線には、固定回線やモバイルルーター、ホームルーターの3種類があります。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

1-1.固定回線

自宅でインターネットを利用する場合、もっとも一般的な方法は固定回線のサービスでしょう。固定回線は最初に開通工事が必要となりますが、屋内まで回線を引き込んでくることからインターネット利用時の通信速度が安定しているのが特徴です。

固定回線の種類には、高速の通信が可能となる「光回線」や、通信サービスに加えて映像の放送サービスも提供している「ケーブルテレビ」があります。それらに加えて、アナログ電話回線を用いる「ADSL」や、デジタル電話回線を用いる「ISDN」もありますが、光回線などよりも通信速度が遅いために現在の主流ではなくなっています。

固定回線を用いながら無線環境を整えたいときには、無線LANルーターを設置するだけです。利用者が希望すれば、ケーブルで接続する有線と無線を使い分けることも可能となります。

1-2.モバイルルーター

外出先でもWi-Fiを利用したい場合には、モバイルルーターを持ち運ぶという方法があります。モバイルルーターとは、バッテリーを内蔵している小型のルーターのことです。WiMAXや3G、4Gなどの無線電波回線を利用することで、Wi-Fi通信ができるようになります。

携帯電話の電波でもインターネットを利用できますが、Wi-Fi接続にしたほうが通信速度は安定します。Wi-Fiが使える範囲ではできるだけWi-Fiを利用し、それ以外の場所では携帯電話の電波でネット接続するといった具合に、場所によって接続方法を変えるのもよいでしょう。

モバイルルーターを利用するメリットは、固定回線のように開通工事の必要がないことです。工事のための初期費用がかからず、届いたその日から使うことができます。また、固定回線と比べると月額使用料が安いのも魅力でしょう。ただし、モバイルルーターにはデータ通信制限があります。あらかじめ決められた通信量を超えると、通信速度が低下してしまうため注意が必要です。

1-3.ホームルーター

自宅でWi-Fiを利用する場合にはホームルーターも利便性が高いです。ホームルーターにはバッテリーが内蔵されていないため、外出先へ持ち運ぶようなことはできません。家に設置して使用することが基本となります。

その特徴は、Wi-Fiの範囲が広く、自宅内であれば離れた位置にある端末でも十分な通信速度が確保できることです。自宅のみの使用となりますが、モバイルルーターの強化版といえます。また、同時接続可能な端末の台数が多いため、家族の人数が多い家庭などは使い勝手がよいでしょう。

ホームルーターの使用方法は、コンセントのある部屋に設置するだけです。モバイルルーターと同様に開通工事は必要ありません。業者と工事日を決めて、当日は家族の誰かが自宅で待機していなければならないといった手間がいらなくなります。

高速通信が可能な光回線などが利用できない地域に住んでいる人には、安定した通信速度が期待できるホームルーターが選択肢の1つとなるでしょう。

2.工事する場合の内容や費用

固定回線で光回線やケーブルテレビを利用したい人は、最初に工事をしてもらう必要があります。工事には初期費用がかかり、工事日は自宅で待機しているのが基本となるため、費用や手間がかかることは覚えておきましょう。

ただし、それほど長い時間拘束されるわけではありません。1度工事を済ませてしまえば、それ以降は快適なWi-Fi環境となります。これから工事の内容や費用について見ていきましょう。

2-1.工事内容

固定回線のなかで主流となっているのは、通信速度が速い光回線とケーブルテレビの2種類です。これらのサービスを利用する場合には、豊富なプランから自分に合うものを選ぶことができます。ただし、利用を開始する前に、工事が必要となることは忘れないようにしましょう。Wi-Fi環境を設置するための工事とはどんな内容なのかについて、これから解説していきます。

2-2.光回線(戸建て)

戸建て住宅における光回線の工事内容について解説していきます。自宅で光回線を利用できるようにするためには、最寄りの電柱まで光ケーブルが届いていなければなりません。地域によっては光ケーブルが届いておらず、光回線がすぐに利用できないこともあります。

近隣の電柱まで光ケーブルが敷設されていれば、今度は自宅への引き込み工事です。室内へ引き込む際には、電話用の配管やエアコンの通気口などを利用することになります。

室内に光コンセントが設置されれば、引き込み作業は終了です。この光コンセントによって、室内まで引き込んできた光回線をWi-Fi対応ルーターなどに接続することが可能となります。

固定回線の工事内容でしばしばホームゲートウェイという言葉を耳にしますが、これはONUとWi-Fi対応ルーターを意味します。利用者は自分のパソコンやスマホなどの端末を、ホームゲートウェイにつなげることでWi-Fiを利用することが可能となるのです。

2-3.光回線(集合住宅)

マンションなどの集合住宅に住んでいる場合でも、光回線の工事内容に大きな違いはありません。まずは、最寄りの電柱まで光ケーブルを引き込んできます。この後、戸建て住宅では室内へ光ケーブルを引き込みますが、集合住宅では住人の共用スペースへの引き込み工事となります。

この共用スペースですが、マンションによっては鍵がかかっていて、住人もなかに入れない場合があるため注意しましょう。事前に管理会社へ連絡して、業者の人が作業を続けられるように手配しておきます。

光ケーブルが共用スペースまで届いたら、いよいよ室内への引き込み工事です。ここからは戸建て住宅の場合と同じような工程になります。光回線の終端に光コンセントを設置し、ホームゲートウェイであるWi-Fi対応ルーターなどに接続する準備をします。その後、パソコンやスマホを使って、Wi-Fi環境が設置されているかを確認したら工事は終了です。

2-4.ケーブルテレビ(既設住宅)

ケーブルテレビの利用を始める前に、どんな工事が必要なのかを見ていきましょう。既設住宅でのケーブルテレビ工事では、最寄りの電柱から保安器までケーブルテレビ線を引き込んできます。

保安器とは、家の外壁付近に設置されていて、雷が落ちたときに通信機器を故障から保護してくれる機器です。ケーブルテレビを利用するためには、この保安器を通信サービスに対応した種類へと交換しなければなりません。

保安器から室内まで引き込んでくるのは、通信ケーブルとテレビ配線です。通信ケーブルはケーブルテレビのモデムにつながれ、パソコンなどの端末が利用できるようになります。ケーブルモデムからはLANケーブルを使った有線接続が基本です。テレビ配線は分配器によって電波が分けられて、複数のテレビに接続されます。

2-5.ケーブルテレビ(新規住宅)

新築住宅にケーブルテレビの工事を行う場合、配線をきれいにまとめることで効率化を図ることができます。まずは、最寄りの電柱までケーブルの引き込み工事が必要です。次に、落雷から通信機器を保護する保安器の取り付けを行い、室内まで通信ケーブルを引き込みます。

これらの手順は既設住宅でのケーブルテレビ工事とまったく同じです。その後、ケーブルモデムを設置して通信ケーブルを接続すれば、インターネットが利用できるようになります。

自宅周辺にケーブルテレビの利用者がいる場合には、ケーブルテレビ幹線に引き込み装置であるタップがすでに設置されています。このタップがない場合には電柱の使用許可などが必要となり、工事日まで期間が空いてしまうこともあるようです。できるだけ早く工事を終わらせたい人は、事前に確認しておきましょう。

3.光回線とケーブルテレビの工事の違い

光回線とケーブルテレビを利用する前の工事では、最寄りの電柱から室内までケーブルを引き込んでくる点でどちらも似た工程でした。工事日における業者の行動は、電柱から自宅の外壁、室内へと移っていくことになります。ただ、光回線とケーブルテレビでは工事費用に差があるのです。どのくらい違うのかをこれから紹介していきます。

3-1.光回線

安定した高速通信が魅力の光回線ですが、サービス会社によって呼び方もサービス内容も異なります。すでに光ケーブルが室内まで引き込まれていたとしても、サービス会社が異なれば新たに工事が必要となるのです。

工事費用に関しても会社によって異なるため、事前にしっかりと確認しておく必要があるでしょう。光回線の工事費用は、1万8000円~4万円(税抜)の範囲に収まるのが相場となります。最安値と最高値の間に2万円以上の価格差がある理由は、サービス会社によって費用が異なることと、工事が戸建て住宅かマンションかによっても違ってくるためです。

光回線の工事費用は、マンションのほうが3000円程度安い傾向がありました。その理由は、マンションは共用スペースから各部屋に光ケーブルが引き込まれますが、戸建ては家ごとに最寄りの電柱からケーブルを引いているためコストがかかるからといわれています。

3-2.ケーブルテレビ

ケーブルテレビの工事費用は、住んでいる地域や運営グループ、契約内容により大きな幅があります。その差は2万~10万円(税抜)と、光回線の価格差よりも大きいです。このような価格差を生じさせる理由としては、インターネット回線単独で申し込むのか、それともテレビの契約と同時に工事を行うかによって費用が変わってくるためです。当然ながら、テレビ契約の工事を同時に行ったほうが費用は高くなります。

また、マンションなどの集合住宅の場合、すでにケーブルテレビに対応しているところもあります。そうなれば、加入料や機器レンタル料だけの支払いとなり、工事費用はかかりません。引き込み線が家の外壁やマンションの共用スペースにすでに引かれている場合にも、工事費用は安くなる傾向があります。

4.工事開始前から完了後までの主な流れ

自宅でWi-Fi環境を整備するために固定回線を利用するときには、サービス会社と契約を済ませたからといってすぐに利用可能となるわけではありません。まずは、光回線やケーブルテレビのケーブルを、最寄りの電柱から室内まで引き込むための工事が必要です。その後、Wi-Fi対応の無線LANルーターを室内に設置することで、インターネットの利用が可能となります。

このように、Wi-Fiを利用したいと申し込みをしてから実際に利用を開始するまで、ある程度の期間を待たなければなりません。手続き上必要なことのため、途中の工程を飛ばして時間を短縮することは難しいです。利用したいときにすぐ開始できないといったトラブルを避けるためにも、工事開始から完了までの流れを事前に把握しておきましょう。

5.契約前の確認

固定回線でWi-Fiを利用したい場合、賃貸のマンションやアパートに住んでいるならば、気をつけなければならないことがあります。それは、回線の開通工事のために業者を入れることが問題ないかを、管理会社や大家にあらかじめ問い合わせておくことです。

専門の業者といえども住人ではない者がマンションに出入りすることになります。ケーブルを引き込む際には、住人の共用スペースに足を踏み入れることもあるでしょう。そういったことでクレームがあった場合、管理会社もなんらかの対応をせざるを得ません。事前に連絡を入れておけば、誤解や無用のトラブルを避けることができます。

また、賃貸物件によっては、無料のLAN回線がすでに備わっているところもあります。それならば、わざわざ費用を支払って工事してもらう必要はありません。その場合には、Wi-Fi環境を構築するため、Wi-Fi対応の無線LANルーターを各自が準備する必要があるかどうかも確認しておかなければならないでしょう。

6.工事の日程調整

固定回線の開通工事では、業者との日程調整が欠かせません。工事を依頼した側は、基本的に立ち会いを求められるため、日程の都合がつかなければ自宅で待機してくれる人を頼む必要がでてきます。

立ち会ってくれる人がどうしても見つからないという人は、工事は何時から始まり、どのくらいの時間がかかるのかを業者に確認しましょう。工事は1日中続くことはありません。工事が行われる数時間だけ、仕事や学校に行く時間の都合をつけるとよいでしょう。

工事を依頼する時期によっては、混み合っていて一カ月以上待たなければならないこともあります。新しいマンションに引っ越した後、すぐにでもインターネットを利用したい場合には、この待つ期間が長すぎると感じる人もいるでしょう。自宅で仕事をするときにネット環境が必要な人はとくに注意しなければなりません。

7.工事の実施

ここからは実際に行われる工事内容について見ていきます。工事を必要とするのが戸建てか、マンションやアパートなどの集合住宅かによって工事内容は変わります。どのような違いがあるのかをしっかりと確認していきましょう。現在もっとも需要が高く、固定回線でインターネットを利用するときに主流となっているのが光回線です。そのため、光回線の工事内容を詳しく解説します。

7-1.戸建て

光回線を戸建ての住宅に設置する工事では、まず自宅近くの電柱まで光ケーブルを引き込まなければなりません。その工事が終わったら、今度は最寄りの電柱から自宅までの引き込み工事に移行していきます。室内に光ケーブルをつなげるときには、電話線の配管や空調設備で使用しているエアコンダクトを利用するのが一般的です。

そうでないと、壁に穴を空ける必要がでてくるため、工事に手間と時間がかかってしまうためです。光ケーブルを室内まで伸ばしたら、光コンセントを設置して引き込み作業を終了します。その後は、ONUと呼ばれる回線の終端装置に光ケーブルを接続し、Wi-Fi対応のルーターを設置すれば、インターネットを利用する準備は完了です。試運転代わりに、パソコンやスマホでWi-Fiを使ってみましょう。

7-2.集合住宅

マンションやアパートなどの集合住宅で光回線を利用するための工事を行う場合、ケーブル引き込み後の流れは戸建てとほとんど変わりません。ただ、光ケーブルを屋内に引き込む部分で多少の違いがあります。

それは、集合住宅では住人の共有スペースに光ケーブルをいったん引き込むことです。マンションによってはこの共有スペースが施錠されていることもあるため、事前に管理会社や大家に工事のことを確認しておかなければなりません。

共有スペースには、光ケーブルを各部屋に枝分かれさせるスプリッタという装置が置かれます。その後、依頼者の室内に光コンセントが設置されてWi-Fi対応のルーターも準備されれば、インターネットの利用が可能です。

8.工事をするときの注意点

光回線を利用するための工事には、依頼者が立ち会うのが基本です。戸建てならば自宅の外壁に穴を空ける必要があるかもしれません。そのうえ、業者は室内まで入ってきて、光コンセントの設置などを行うことになります。

家の鍵は開けておくから勝手に作業をしておいてほしいなどと頼むのは現実的ではないでしょう。業者と工事日程の調整を行って、当日は自宅で待機するか、立ち会いを誰かに頼むかする必要があります。

工事が立て込んで混み合っている時期には、一カ月以上待たされることも考えられます。業者の繁忙期は1~3月となることが多いため、この時期をなるべく外すように日程の調整を行いましょう。

引っ越しの場合には、計画的に動かないと工事実施のスケジュールが合わず、いつまでたってもインターネットが利用できないという事態に陥るかもしれません。できるだけ早くから依頼をしておき、直前になってあせらないように気をつけましょう。

9.工事後のインターネット利用に必要な準備

最寄りの電柱からケーブルを室内に引き込む工事が終われば、Wi-Fi環境が整うまでもう少しです。工事が終わった後は、すぐにでもインターネットを利用することが可能となります。ただし、Wi-Fiの無線接続を行う場合には、Wi-Fi対応の無線LANルーターを準備しておかなければなりません。

回線会社によっては、このWi-Fi対応のルーターとモデムが一体型となっているものも提供されており、自前でそろえなくてもレンタル利用できる場合もあります。利用者の好みにもよりますが、レンタルのほうが経済的になることが多いため、どのようなルーターを使用するかはしっかりと決めておきましょう。

Wi-Fi対応のルーターを設置したならば、利用する端末との接続設定を行う必要があります。パソコンやスマホの設定を手動で行うのもよいですが、そういったことが面倒だという人は付属CDを利用すると簡単に設定を終えることができます。付属CDから設定ソフトをインストールして、あとは指示に従って操作するだけです。

10.固定回線・モバイルルーター・ホームルーターの比較

光回線やケーブルテレビでインターネットを利用するときには、固定回線とモバイルルーター、ホームルーターの3種類から自分に合ったものを選ぶ必要があります。それぞれに特徴があり、利用者がどのようなインターネット利用を考えているかによってメリットとデメリットがでてくるでしょう。回線選びはどんなことに注意すればよいのかを解説していきます。

10-1.固定回線

固定回線を利用する最大のメリットは、通信速度が速くて安定していることです。インターネットにつながりにくかったり、接続後もサイトの読み込みに時間がかかったりといったことがほとんどありません。

また、モバイルルーターのように通信制限もかからないため、ストレスなくネット接続を楽しめます。ネット動画を頻繁に視聴する人や、オンラインゲームにはまっている人などは、途中で接続が切れにくい固定回線の利用が最適です。

ただし、固定回線を利用するには工事の必要があります。工事のために初期費用が発生しますし、工事の日程調整や立ち会いなどに手間がかかってしまうのを敬遠する人もいるでしょう。月額の基本料金が比較的高めに設定されていることも、固定回線を選ぶデメリットといえます。

10-2.モバイルルーター・ホームルーター

モバイルルーターとホームルーターを利用する大きなメリットは工事の必要がないことです。工事にかかる数万円の初期費用が節約できます。仕事の関係などで、引っ越しを頻繁にしなければならない場合には最適な選択といえるでしょう。

モバイルルーターは持ち運びができます。一人暮らしで、外出先でも気軽にWi-Fiを利用したい人には合っています。家族と同居している人は、自宅に設置するホームルーターがよいでしょう。モバイルルーターと比べて受信強度が高く、ルーターから離れた部屋でも快適なネット接続が可能です。

固定回線と比べると通信速度の安定性や速度は劣りますが、ネット利用の度にストレスを感じてしまうほど速度が遅いわけではありません。固定回線よりも利用料金が安めということもあって、気軽に使いたいならばモバイルルーターやホームルーターが適しています。

11.工事不要なWi-Fiの中でおすすめの回線

工事が不要のWi-Fi回線のなかで、とくにおすすめなのがWiMAXです。WiMAXは通信速度が速く、対応しているエリアも順次拡大しているのが特徴となります。あらかじめ決められた通信量を超えると制限がかかるのは同じですが、データ通信量無制限の契約を行うことも可能です。

このように、自分の用途に合ったサービスプランを選ぶことができます。月額料金が固定回線などよりも安く設定されていることもあって、これからモバイルWi-Fiを利用したい人にはぴったりのサービスです。

※公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

※内容を入力してください。