光回線のエリアを確認するには?対応していない場合の対処方法まで解説!

光回線は、実はサービスによって対応している地域が異なっていることをご存じでしょうか。光回線の申し込みを検討するのであれば、自分の住んでいるエリアが申し込みをする光回線に対応しているかどうかを事前に確認することが大切です。この記事では、光回線の対応するエリアの調べ方や、もし対応していなかった場合の対処方法について紹介していきます。

1 光回線の対応エリアとは?

まず、光回線の対応エリアとはどのようなものを指すのでしょうか。もし導入を検討するのであれば、知っておくとよいでしょう。ここでは、光回線の対応エリアにおけるカバー率の意味や、その実際の内容について紹介していきます。

光回線を開通できる範囲である

光回線の対応エリアとは、光回線の通信が使用できるエリアのことを表しています。そもそも光回線とは、光ファイバーを利用し、通信データを送信する回線のことを表します。また、光ファイバーとは、ガラス素材や樹脂素材に情報を乗せた光を照射し、反射させることでデータを送るケーブルのことを指します。各端末を実際に利用するためには光信号を電気信号へ変換する必要がありますが、実際に変換されるのは光信号が各家庭や建物へと送られてきてからです。光回線は、通信速度も速く安定した通信手段と言われています。カバーされている範囲も広く、2020年の時点ではほとんどの地域で使用することが可能です。しかしながら、山間部や過疎地といった、一部の地域においては使用できないケースもみられます。

光回線のカバー率は高い

光回線のカバー率とは、「光回線のエリアが、どれだけの国民をカバーできているか」を表しており、「カバーしたエリアの総人口÷国民総人口」で求めることができます。2020年の時点においては、93%以上のカバー率となっており、かなり高いといえるでしょう。住宅過疎地域ともなるとカバーされていないこともありますが、このような地域であっても技術の進歩によって光ケーブルを延伸できるようになってきました。また、自治体が光ケーブルの費用を負担することで、敷設を可能にするなどといった努力も行われているようです。

2 光回線の対応エリアはサービスによって異なる

先にも触れた通り、光回線はサービスの提供元によって、対応している地域が異なっています。そのため、契約を希望する光回線のサービス業者によって、提供エリアの確認方法もそれぞれ異なります。

例えば、「フレッツ光」と「光コラボレーション」は、同じ回線を使っているため、提供エリアが同じです。「光コラボレーション」とは、「フレッツ光」の回線を使用していて、プロバイダーと回線サービスが一本化されたサービスのことをいいます。一方で、auひかり、NURO光、電力系光回線、ケーブルテレビなどは、独自の回線設備を使用してサービス提供を行っているため、それぞれの対応エリアは異なります。このように、サービスによって別々の回線を使用しているため、対応エリアについては個別に確認をする必要があります。ここでは、東日本と西日本のエリアにおいて、どの光回線サービスが対応しているのかをおおまかに紹介いたします。

東日本エリアで提供している光回線

東日本全域でサービスを展開している光回線には、以下のものがあります。

  • NTT東日本の「フレッツ光」
  • 一部を除く「光コラボレーション」
  • 「auひかり」
  • 関東地域(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・栃木県・群馬県・茨城県)では「NURO光」

ただし、いずれの光回線についても、一部対象外地域である可能性があるため、確認は必要となります。また、建物に設備が導入されていないなどの設備上の理由で利用できない場合があるため、こちらも注意しなければなりません。万一サービス範囲外であった場合には、光回線以外のサービスを検討することも視野に入れましょう

西日本エリアで提供している光回線

西日本全域でサービスを展開している光回線には以下のものがあります。

  • NTT西日本の「フレッツ光」
  • 一部を除く「光コラボレーション」
  • 「auひかり」
  • 東海地域(愛知県・岐阜県・三重県・静岡県)では「コミュファ光」と「NURO光」
  • 関西地域(大阪府・京都府・滋賀県・兵庫県・奈良県)では「NURO光」
  • 沖縄県では「auひかりちゅら」

ただし、東日本エリアと同様、一部の地域においては光回線が導入できないことがあるため、確認が必要となります。建物が設備上、条件を満たしていない可能性についても同様ですので、気をつけましょう。

全国エリアに対応している「auひかり」

ここでは東日本、西日本エリアともに対応している「auひかり」について解説します。
「auひかり」とはKDDIが提供している光回線サービスです。「ソフトバンク光」などのNTTから回線を借りてインターネットを提供している「光コラボレーション」とは違い、「auひかり」は独自の回線を使用しています。そのため、たくさんのサービスで使われているNTTの回線と比べてKDDI独自の回線は利用者が少なく、回線が込みにくいと言われています。しかし、「auひかり」は全国エリアに対応しているものの、中には提供されないエリアがあるので、自分の住んでいるエリアが対応しているかどうか調べる必要があります。また、「auひかり」は様々なプロバイダーから契約することができます。プロバイダーによってはお得なキャンペーンを実施しており、他の回線よりも安く光回線を使うことができるかもしれません。「auひかり」を検討する人は、契約する前にエリアや料金について調べましょう。
「とくとくBB」のサイトで“エリア検索”と“料金診断”が簡単に行えるので、ぜひチェックしてみてください。

3 光回線の対応エリア確認方法

実際に各サービスが住まいの地域に対応しているかは、各サービス運営社のWEBサイトや電話受付を利用することで調べることが可能です。ここでは、そうした光回線の提供エリアの詳細を確認する方法について紹介します。

webで確認

光回線の公式サイトでは、サービス提供エリアを検索できるページがあります。入力フォームに住所などを入力することで、住んでいるエリアを検索し、サービス提供エリア内であるか否かを確認することができるのです。入力する項目などは各サービスによって異なりますが、より最適なプランを提案するためにスマートフォンのキャリアや利用中のインターネット回線について尋ねられる場合もあります。そのため、住所以外にも氏名・電話番号・メールアドレス・ID・パスワードなどを準備しておくとよいでしょう。見積もりまで行っているサイトもあるので、インターネット回線についてあまり詳しくない人も気軽に調べることが可能です。

電話で確認

多くの光回線サービスでは、提供エリアについて直接電話で確認をとることが可能です。基本的にいつでも入力可能なwebサイトと比べ、電話での確認は時期や時間帯によって待ち時間がかかる場合があります。しかしながら、専門のオペレーターに建物の構造などを詳しく伝えながら確認ができるため、webサイトで検索するよりもより正確にエリア判定することができるでしょう。各サービスの電話番号は、それぞれのwebサイトで確認することができます。そのため、すぐにエリアが光回線に対応しているかどうか調べたい場合にはweb検索を、時間に余裕がありオペレーターへの相談も含めて考えてみたい場合には電話による確認を、それぞれ試してみるのがよいかもしれません。

地域の店舗で確認をする

実際の店舗で、店員に直接相談するのもひとつの手です。「フレッツ光」であれば、家電量販店などに置かれている店頭代理店で、エリアを確認することができます。また、「auひかり」や「ソフトバンク光」、「ドコモ光」といった携帯キャリアの光回線については、それぞれの携帯ショップでエリア確認することが可能です。こうした各携帯ショップに行けば、固定回線とスマートフォンとのセット割引などについても、同時に相談することができます。そのため、セット割引も視野に入れたうえで光回線を選ぶ場合には役立つことでしょう。顔を見ながらの相談できるほうが安心できるという人には、実店舗でのエリア確認がうってつけです。

4 主な光回線の特徴と対応エリア確認方法

光回線と一口に言っても、各サービス事業者によってそれぞれ特色があり、確認のやり方や受けられるオプションサービスなども異なってくるものです。ここでは、主な光回線のエリアの特徴と確認方法について紹介していきます。

フレッツ光

フレッツ光では、東日本と西日本で検索する際に異なる点があります。
東日本の場合、まずNTT東日本のサイトで調べたい都道府県を選び、地域を絞り込んでいく仕組みです。地域を絞り込んだのちに、戸建て、マンションのどちらかを選べば、利用できるかどうか表示されるようになっています。西日本では、NTT西日本のサイトの「かんたん申し込み」か「通常の申し込み」のいずれかを選択することが必要です。選択したのち、「戸建て・マンション」、「郵便番号・電話番号」、「府・県」の項目から検索します。以降は東日本と同じ手順で地域を絞り込み、結果が表示される仕組みです。

ドコモ光

ドコモ光は、NTTドコモによって運営されており、フレッツ光と同じ提供エリアとなります。そのため、NTTのサイトを利用することで、エリア内か否かの結果を簡単に調べることが可能です。ただし、提供エリア内であったとしても「ドコモ光テレビオプション」が利用できないケースもあるので、検討する際には注意しておいたほうがよいでしょう。光回線そのものは導入できていたとしても、設備などの状況によっては、サービスエリア内であっても視聴できない場合があるのです。

ソフトバンク光

ソフトバンク光についても、NTTの提供エリアと同様となっています。携帯キャリアとして有名なソフトバンクですが、携帯電話用の通信回線とは異なり、光回線については固有の回線を保有していないのです。そのため、ソフトバンクではNTTの光回線を借り受ける形でサービスを提供しています。ドコモ光と同様に、NTTのサイトで判定した結果が提供エリア内であれば、ソフトバンク光の利用も問題ありません。一方で、ソフトバンクの携帯電話回線がつながるからといって、必ずしもソフトバンク光が利用できるわけではないので、特にソフトバンクのスマートフォンユーザーなどは、注意が必要となります。

NURO光

NURO(ニューロ)光は、関東地方向けの光回線サービスです。関東以外では、一部の関西地方や東海地方などの地域限定サービスになるため、全国で利用することはできません。対応エリアの検索は公式サイトから行うことが可能です。NTTのような広範囲ではありませんが、快速の通信サービスを売りにしています。ただし、たとえエリア内であっても一部には利用できない地域があるため、これはNURO光に限った話ではありませんが、まずはエリアを確認することが大切と言えるでしょう。

5 光回線エリアは今後も拡大するのか

光回線のエリアは、需要に伴って今後も拡大していく見通しです。ここでは、拡大の予定があるエリアを確認する方法や、拡大して欲しいエリアを回線業者に検討してもらうためのリクエストをする方法を紹介していきます。

拡大予定エリアを調べる方法

「フレッツ光ネクスト」など、光サービスによっては今後拡大する予定のエリアを調べることが可能です。もし現在エリア外であっても将来的にエリア内になる可能性もあるため、確認しておくとよいでしょう。拡大予定のエリアは、各サービス業者のホームページで確認することができるようになっています。急ぎで導入しなければならない場合は別ですが、拡大予定のエリアであっても、ある程度余裕をもって検討する場合には、少し待ってみるのもよいでしょう。一例ですが、「フレッツ光ネクスト」では、調べたい都道府県をクリックすると、現在サービス提供中の地域と未提供の地域が色分けされている地図が表示される仕組みです。そのため、自分の住んでいる地域が対応しているのかを調べるついでに、今後の対応予定を知ることもできます。

エリアのリクエストが可能

「フレッツ光」では、利用したい場所がNTT東日本の地域であるにも関わらず、提供エリア外であった場合、NTT公式サイト内の「フレッツ光のご利用意向登録」でエリアのリクエストをすることが可能です。利用場所がサービス未対応であっても、サービスへの意向が登録できるようになっています。リクエストを登録しておくことで、一定の数の登録に達したときにエリア拡大の検討をしてくれる仕組みが設けられているのです。もし利用したい場所が光回線エリア外であった場合には、拡大希望の旨をリクエストしておくとよいでしょう。

6 光回線のエリアが対応していない場合の対処方法

実際に調べてみた結果、住まいが光回線のエリアに対応していないといったこともあり得ます。特に、急ぎで回線が必要な場合には光回線にこだわっていられません。そのため、光回線のエリアが対応していない場合はどうすればよいのかについて紹介していきます。

ケーブルテレビを使用する

ケーブルテレビのネットワークは、テレビだけではなく、インターネットへの接続もできる仕組みとなっています。そのため、独自のインターネットサービスを提供しているところもあるのです。導入を検討する場合には、まずは住んでいるエリアのケーブルテレビがインターネットサービスの提供を行っているかどうか調べてみましょう。ただし、ケーブルテレビを通して、常に他のパソコンなどの機器と接続するのは危険です。加入する際には、有料セキュリティオプションへの加入やセキュリティソフトのインストールなど、しっかりとセキュリティ対策を講じておくことが大切です。

ADSLを使用する

もし光回線のエリア外である場合、ADSLに加入すればよいと考えている人もいるかもしれません。ADSLは電話回線を利用したインターネット提供サービスのことであり、光回線網の整備状況に関わらず導入することが可能です。しかしながら、フレッツ光のADSLサービスは2023年に終了予定となっています。そのため、ADSLに新たに加入する場合、サービスの加入受付が終了しているケースが十分に考えられるのです。また、加入できたとしても、近い将来には利用できなくなることが想定できます。もし導入するのであれば、長くは使用できないことを理解し、間に合わせと割り切ったうえで検討する必要があります。

モバイル回線を使用する

モバイルデータ通信は、携帯電話で使用されている電波などを使用することでインターネットに接続する方法です。「モバイルルーター」もしくは「Wi-Fiルーター」と呼ばれる通信用の機器を使用することで、WiMAX・LTE・Xi・4Gなどの電波を受信することができます。これをパソコンやスマホ、タブレットなどにWi-Fi経由で送信することで、インターネットの接続が可能となるのです。したがって、光回線とは根本的に異なる電波回線を利用するため、光回線の対応していないエリアであっても、モバイル回線であれば利用できるという可能性も考えられます。実際に、スマートフォンのデザリング機能を使って、インターネットを共有することでもパソコンでのインターネット利用は可能です。ただし、月々で通信容量の決まっているスマートフォンを安易に代用することは、利用環境によっては避けたほうがよい場合もあります。

7 光回線のエリア外だったらモバイル回線が便利

もし利用場所が光回線のエリア外であるならば、先に挙げたモバイル回線が視野に入ります。モバイル回線には固有のメリットもあるため、場合によっては光回線以上に使いやすい場面もあるほどです。ここでは、その細かな理由について紹介していきます。

通信速度の制限があるが料金は安い

モバイル回線は光回線と比較すると、短期間で使い過ぎた場合などに速度制限がかかることはあるものの、時間がたてば解除されるものが多くあります。モバイルルーターではWiMAXと呼ばれる回線をよく耳にすると思います。これを提供しているのは「UQ コミュニケーションズ」という会社ですが、さまざまなプロバイダーが販売しています。このWiMAX回線はどのプロバイダーと契約しても性能は変わりません。そのため、WiMAXはよりお得なプロバイダーを介して契約した方が、利用料金が安くなるので、比較してみるのがよいでしょう。

工事不要ですぐに使用できる

モバイル回線は、導入する際の工事は一切不要で、設定も簡単に行うことが可能です。固定回線の場合であれば、契約したものの、開通工事を行うまでインターネットが使えないといったことも起こり得ます。しかし、モバイルWi-Fi端末であれば、ルーターが届きさえすればその日のうちにインターネット接続をすることができるため、非常に便利です。また、光回線のエリアが開通する予定がある場合などにも、しばらくの間のつなぎとして利用することが視野に入ります。開通したことがわかった際には、モバイル回線を契約更新月まで利用したのちに光回線に切り替えるようにすれば無駄が少ないでしょう。

光回線に比べて速度は遅いが外でも使用出来る

モバイルルーターは、光回線と比べると速度は安定し辛いです。この点についてはデメリットであると言えますが、一方で、光回線に対応しているエリアであるかどうかに関わらず利用できることや、持ち運びができるため、家でも外でも使用できるというメリットも併せ持っています。旅行先や出張先に持っていくことで、スマートフォンやタブレットの通信容量を使わずに済ませることができる点は大きなポイントです。もちろん自宅でも使うことができるため、場所を問わずに活躍させることができます。ただし、ゲーム機でオンライン通信をする場合のように、速度が重要になる場合には使いにくいこともあります。動画を見る程度であれば、問題なく利用が可能です。

8 光回線がエリア外!モバイル回線WiMAXは使用可能?

モバイル回線で人気のあるWiMAXは、光回線がエリア外でも使用できる可能性があります。モバイル回線についても光回線同様に、エリア内かを調べることが可能です。ここでは、WiMAX回線のエリア確認方法について紹介していきます。

UQコミュニケーションズのサイトで確認できる

WiMAXのサービスエリア判定は、「UQコミュニケーションズ」のサイト上で確認することが可能です。サイト内にはエリアマップが用意されており、調べたい都道府県をクリックすれば地図が表示されます。色分けされているなかで、ピンク色になっている地域は下り最大速度440Mbps対応エリアです。そして、紫色の地域がWiMAX 2+のサービスエリアになっています。肌色の地域に関しては、今後の拡大予定エリアを表しています。色が付いていない地域は非対応エリアとなります。住所を入力すると地図上の該当位置にマークが表示されるので、マークがどの色のエリアに含まれているのかを見て、WiMAXが利用できるかどうかを判定することができます。もし含まれていない場合には、WiMAX以外のモバイル回線を検討してみましょう。

ピンポイントエリア判定をする

WiMAXのエリア判定をする場合に注意すべき点として、エリア判定の仕方があげられます。WiMAXは都道府県で見ると日本全国ほとんどをカバーしていますが、実際には周囲の電波状況によってはエリア外となる場合もあるのです。そのため、より具体的な場所として、「自宅で使えるのか」「職場はエリアに入っているのか」というような調べ方をする必要があります。ピンポイントエリア判定は、「サービスエリアマップ」で確認可能が可能です。これを利用することで、モバイル回線を使う予定の地域がサービスエリアになっているかをチェックすることができます。ただし、一部の住所では検索できない場合があるため注意が必要です。正式住所の他に通称がある場合は、通称での検索も試してみましょう。

TryWiMAXを利用する

たとえ提供エリア内であっても、室内では電波が届かないこともありえます。これは、家の造りや環境の違いにより受信状況にも違いがでるためです。実際に利用が可能か否かは気になるところですが、TryWiMAX(トライワイマックス)を利用すると、自宅や職場、自身の日常的な活動エリアで実際にWiMAXを問題なく使えるかどうか、現物を借りて確認することができます。この際、登録料や通信料、機器レンタル料、配送費用などの請求はされないので安心して試すことができます。貸出期間は15日間ですが、貸出機器が発送された日と返却日を含むという点に注意しましょう。利用申し込みは「TryWiMAX」のページから行うことができます。ただし、本人確認や、故障時及び機器未返却時の請求先として、クレジットカードの登録が必要な点だけは注意が必要です。

9 光回線のエリア確認は大切!対応していない場合はWiMAXも検討しよう

光回線を検討する際には、利用するエリアが対応しているのかを事前に調べておく必要があります。もし光回線がエリア外であった場合は、高速モバイル通信回線のWiMAXであれば、費用が安く抑えられ、持ち運びも可能です。インターネット回線を選ぶ際には、光回線だけでなく、モバイル回線も視野に入れておくとよいでしょう。

※公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

※内容を入力してください。