Wi-Fiの容量って何?必要な容量やお得なプロバイダを解説!

自宅や外出先では、インターネットを利用する際にWi-Fiを使うと便利です。しかし、すべてのサービスで無制限にインターネットを使用できるとは限りません。インターネットを使える容量には上限があり、定められた容量超えると通信に制限がかかってしまい、速度が遅くなることも多いです。実際に、インターネット通信に制限がかかるのはどのような場面なのか、サービスごとのデータ通信量の目安や、Wi-Fiを使用する際にお得なプロバイダについて紹介します。

1.Wi-Fiの容量制限ってどういうもの?

Wi-Fiは、使用しているなかで一定の容量を超えた際に、速度が制限されるケースがあります。WiMAXやPocket Wi-Fiなどモバイルルーターの容量制限がないプランの場合は、基本的にWi-Fiが使い放題です。ただし、使い放題であっても、ネットワーク混雑回避のために3日間で約10Gを超えた際には、当日もしくは翌日の6~7時間程度、速度が制限されます。容量制限があるプランの一例では「GMOとくとくBB WiMAX 2+通常プラン」の場合、月間容量制限は7GBまでであり、超えると速度制限がかかることが特徴です。

ほかにも「WiMAX 2+ギガ放題プラン」の場合は、直近3日間でデータ通信量が10GBを超えた日の、翌日18時頃から翌日2時頃まで最大通信速度が1Mbps程度になります。ただ、1Mbps程度まで低下しても、YouTube動画の標準画質レベルであれば視聴可能な速度のため、使用方法によっては不自由だと感じることはないでしょう。

2.既定の容量で通信できるサービスの目安

モバイルルーターでは、使い放題プランを選択した場合でも、3日で10GBを超えた場合に速度制限がかかります。しかし、10GBでどの程度のサービスを利用できるのか分からない人も多いのではないでしょうか。そこで、10GBの容量で何を、どれくらいできるのかという目安を紹介します。

2-1.パソコンの場合

パソコンでインターネットを利用する際の目安は、Yahooトップページの閲覧に要する通信容量が0.4MB、回数にすると約24000回となります。メールは文字数によって異なり、300文字程度のテキストメールは0.005MBで約200万通、30文字程度のテキストメールは0.001MBで約720万通が目安です。テキストメールではなく、500万画素程度の写真を添付した場合には通信容量が3MBとなり、約3333通まで送信できます。ほかにも、地図検索(Google MAP)では1.2MBの通信容量が必要で、使用できる回数は約8330回です。音楽やアプリのダウンロードについては、約5分の音楽を1曲につき4MBを使用、約2620曲までダウンロードできます。50MBのアプリであれば通信容量は50MBを要し、約200個までダウンロードが可能です。

YouTubeの閲覧は、画質によって通信容量や視聴可能時間が異なります。超高画質で視聴すると約113MBの通信容量を要し、約88回(約7時間)までの視聴が目安です。高画質(HD)は約60MBを要し、約166回(約13時間)、標準画質(SD)は約17.5MBの通信容量が必要で、再生可能回数は約570回(約47時間)になります。低画質で視聴すれば、必要な通信容量は約10MB、再生可能回数は約1000回(約83時間)です。

2-2.スマホの場合

スマホを使用する場合、パソコンを使用した際の通信容量や使用可能時間とは少々異なります。Yahooトップページの閲覧には0.2MBの通信容量がかかり、約54000回はスムーズにページを閲覧可能です。 メールは、300文字程度のテキストメールで0.005MB、約200万通はやり取りできます。ただし、500万画素程度の写真を添付すると、通信容量は3MB必要であり、約3333通までが目安になるでしょう。 地図検索(Google MAP)には0.7MBを要し、約143200回まで表示可能です。

スマホで使用する機会の多いインターネット通話については、LINEの音声通話が約0.02GB/h、約450時間程度までとなります。LINEのビデオ通話は約0.3GB/hを要し約30時間程度まで、Skypeの音声通話は約0.05GB/hの通信容量で約210時間程度までが目安です。FaceTimeの音声通話には通信容量が約0.04GB/h必要であり、約260時間程度まで使用可能になります。

3.モバイルWi-Fiルーターは快適に使える?レンタルで確認!

屋外、室内を問わずWi-Fiの使用を検討している人は、モバイルWi-Fiルーターでも快適に使えるか不安を覚える人も多いのではないでしょうか。不安がある場合には、レンタルして試してみることで、使用できるインターネットの目安を実際に確認できます。また、レンタル以外でも「GMOとくとくBB」であれば、20日間のお試しキャンペーンを行っています。GMOとくとくBBのお試しキャンペーンは、20日以内に解約すれば無料でWi-Fiを試せるサービスです。

ただし、通常の解約方法とは少々異なる点に注意しましょう。GMOのウェブサイトにあるマイページから解約の申請を行うと「途中解約」扱いとなってしまい、違約金が発生します。GMOとくとくBBを使用し、解約する際には、必ずお客さまセンターへ連絡をいれる必要があります。さらに、事前の電話をせずにWiMAX端末を返送すると違約金が発生するため、必ず連絡をしたうえで端末を返送することが重要です。正しい手順を踏めば、無料でモバイルWi-Fiルーターを試せるため、事前に使用感を確認したい人には非常にメリットの大きなサービスだといえます。

4.Wi-Fiを利用して充実したネット環境を手に入れるためには

インターネット検索や動画視聴、メールや通話など、通信容量を気にせずにインターネットを楽しみたい人は、Wi-Fiを利用する方法が有効です。どのようにしてWi-Fiを導入すればよいのか、いくつかのパターンを紹介します

4-1.自宅に回線を引いてWi-Fiホームルーターを使用する

自宅でインターネットを楽しみたい場合には、自宅に光回線やADSLやCATVなど固定回線を引く方法が最適です。固定回線ではモデムと接続するWi-Fiホームルーターを使用し、容量制限なくインターネットを利用できます。基本的には、プロバイダとの契約で「通信量にかかわらず月額料金は一定」というプランになっていることが多いです。Wi-Fiルーター代や回線工事費はかかるものの、通信制限のストレスなく自宅でWi-Fiが使えることは非常に魅力的でしょう。

ただし、工事期間が必要なため、契約後すぐにWi-Fiを利用できるわけではありません。また、利用できるのは自宅のみであり、屋外でWi-Fiを利用したい人には向かない方法です。注意点として、決められた地域内で、回線業者の規定以上の通信量が発生すると、通信量が多い家庭から順次制限がかかることもあります。非常に稀なケースですが、念頭において利用しましょう。

4-2.モバイルWi-Fiを契約する

モバイルルーターは容量無制限のプランを契約しても、速度制限が発生します。しかし、普段からデータ通信容量が7GB以内、または3日で10GB以内の使用量を超えない使い方をしているのであれば、モバイルルーターでも問題はないでしょう。もしも、容量が心配な場合には、事前に無料のレンタルサービスでチェックすることも可能です。モバイルルーターは固定回線のような開通工事も必要ないため、利用開始までに時間もかからず、契約した当日から利用できます。本体はスマホと同等のサイズや重さであり持ち運ぶことも可能で、外出先でもWi-Fi接続をできることでスマホのデータ通信量を節約できることもメリットです。

5.容量を気にせずWi-Fiを快適に安く使うなら「GMOとくとくBB」

Wi-Fiを使用するためには、プロバイダと契約をして月額料金を払わなければなりません。Wi-Fiのなかでも、容量無制限なうえに、月々の支払い金額がお得なプロバイダである「GMOとくとくBB」について紹介します。

5-1.業界最安値クラス

GMOとくとくBBは「限界挑戦中・とにかく安いプロバイダ」を目指しているサービスであり、金額の面では他社と比較しても安いことが魅力です。通信回線が同じ場合には、当然料金が安いほうがお得になります。フレッツ光の「ギガファミリースマートタイプ・戸建て・1Gbps(NTT東日本)」の場合、GMOとくとくBBであれば「NTTフレッツ定額料金4,700円(税抜)+GMOとくとくBBプロバイダ料金760円(税抜)=5,460円(税抜)」です。OCNは「NTTフレッツ定額料金5,000円(税抜)+OCN月額基本料1,100円(税抜)=6,100円(税抜)」なので、GMOとくとくBBのほうが安く利用できます。

また、BIGLOBE光はフレッツ光月額利用料が5,400~6,700円(税抜)と幅がありますが、最安利用料でもGMOとくとくBBと同等の金額です。BIGLOBEのプロバイダ料金は開通月のみ月額料金0円、1~24カ月目600円(税抜)ですが、25カ月目以降は1,000円(税抜)に設定されています。長期間使用するのであれば、料金が一定であるGMOとくとくBBの料金のほうがお得だといえるでしょう。ただし、料金については各社の割引制度や開通工事費を含まない金額です。時期によっては割引キャンペーンを行っているケースもあるため、使用開始時期の割引制度なども合わせて確認する必要があります。

5-2.キャンペーンが豊富

GMOとくとくBBでは、時期によってさまざまなキャンペーンが行われています。サービスを契約するのであれば、少しでもお得に契約しましょう。そこで、どのようなキャンペーンがあるのか、一部のキャンペーンについて紹介します。

5-2-1.WiMAX 2+のキャンペーン

WiMAX 2+のモバイルルーターは、端末代が0円のため初期費用がかかりません。機種により金額が異なりますが、最大3万7000円のキャッシュバックも受けられます。また、はじめて使用するサービスで2年間の契約をするのは不安だと感じる人も多いでしょう。しかし、WiMAX 2+のキャンペーンは20日以内ならキャンセル可能なため、実際に使用して自宅での通信の状態を確認できます。さらに、「お友達紹介キャンペーン」も行われており、WiMAX 2+のキャンペーンをメール・Facebook・LINE・Twitterのいずれかで紹介し、友達が入会すると1人目が5,000円、2人目以降は6,000円がもらえることも魅力です。

5-2-2.ドコモ光のキャンペーン

ドコモの契約では、ドコモ光(タイプA)と同時に、ドコモ光電話バリューを申し込むことで最大1万5000円と最大1万円分のdポイントのキャッシュバックを受けられます。さらに、新規申し込みの場合は工事費が無料で、高速のv6プラス対応のWi-Fiルーターも無料でレンタル可能です。また、インターネット設定やWi-Fi設定方法が分からないときには、開通月から12カ月以内であれば出張サポートが初回無料になるサービスもあります。

ほかにも、ドコモの携帯代金の割引を受けられるため、ドコモの機種を購入する予定がある人はサービスの契約を検討しましょう。加えて、セキュリティサービスへの加入も1年間無料、2年目からは月額500円(税抜)で利用できます。ただし、セキュリティサービスは、GMOとくとくBBのホームページから申し込んだ場合のみ適用されるため注意が必要です。

6.自分が使う容量を把握してお得にWi-Fiを契約しよう

固定回線以外のWi-Fi、モバイルルーターでは、一定の容量を超えて使用すると通信速度に制限がかかり、速度が遅くなります。そのため、容量を超えない使い方でモバイルルーターを使用するか、固定回線を引いて容量を気にせず使用するなど、自分に合ったWi-Fiの使い方で選ぶ方法が有効です。さまざまなサービスがあるなかでも、「GMOとくとくBB」は月々の料金が業界最安値級でキャンペーンも豊富だといえます。お得にWi-Fiを使いたいと考えている人は、GMOとくとくBBの利用を検討してみましょう。