街中にあるフリーWi-Fi のメリットとデメリット(危険性)を理解しよう

出先でネットにつなげることができる、便利なフリーWi-Fi(ワイファイ)。
飲食店やコンビニなどの各種店舗はもちろんのこと、都市部では街全体でフリーWi-Fiを提供している場所も増えてきました。
スマホのギガを温存できる上に、無料で手軽に使える心強い味方です。
しかし、便利と手軽の裏に、実は危険が潜んでいることをご存知でしょうか。
そもそも、フリーWi-Fiがどういうものかよくわからなくて、使ったことがない人もいるでしょう。

今回は、フリーWi-Fiがどういうものなのかと、メリットとデメリット(危険性)について説明します。
また、フリーWi-Fiにある危険から、自分のスマホを守るためにできるセキュリティや自衛手段についても紹介します。

1無料で使えて便利なフリーWi-Fi。どこで使える?どう接続?

フリーWi-Fiとひと口に言っても、その種類はさまざまです。
海外では街全体にフリーWi-Fiが飛んでいることも珍しくなく、海外旅行や留学を経験した人なら一度は使ったことがあるでしょう。
しかし日本は、だんだんと普及してきているものの、そこまでではないのが現状です。

最初の章では、フリーWi-Fiについて、簡単にお話します。

フリーWi-Fiとは?

提供されている対象エリア内であれば、誰でも使えるWi-Fiのことを、フリーWi-Fiといいます。
「Free_ Wi-Fi」と書かれたステッカーや、スマホの通信状態のところに「〇〇Free_ Wi-Fi」と表示されているのを見たことがあるのではないでしょうか。
Wi-Fiの提供元によって名前は違いますが、だいたい「Free」という名前がついています。

パスワードの設定が、必要なかったり公表されていたりするので、気軽に誰でも設定すれば使えます。
特に、外国人旅行者が多い場所に設置されているケースが多いです。
もちろん日本人が使ってもOK。
あとから請求書が届くなんてことはありません。

街中で使える

では、街中ではどんな場所でフリーWi-Fiが使えるのでしょうか。

街中では、コンビニや飲食店などの店舗、各鉄道会社の駅などが、フリーWi-Fiスポットとなっていることが多いです。
特に飲食店では、パソコンを接続して仕事をしているビジネスマンも珍しくありません。

フリーと言いながら、街中に設置されているフリーWi-Fiには、ある程度の制限がかかっている場合があります。
メールアドレスやSNSのアカウントの登録が必要だったり、利用時間制限があったり、キャリアと月額数百円の契約をする、対象のキャリアでないと使えない、スマホは無料だけどパソコンは有料など、細かな注意点があるのです。

接続方法は、自動でつながるものやアプリ経由のもの、手動接続などさまざま。
詳しいことは店員さんや駅員さんに聞くか、告知のステッカーやポスターをチェックしましょう。

観光地で使える

観光地でも、フリーWi-Fiが提供されている場所が増えてきました。
意外と旅行先では通信量を消費するシーンが多く、観光客からするとデータ通信量を気にせず、また高速でネットが使えるのはうれしいものです。
提供元は観光スポットや飲食店などの店舗、地元の観光協会や行政などになります。

普通の街中で使用するときと同様に、パスワードがないものもあれば、入力しないといけないものがあります。
また、観光スポットや店舗が提供しているフリーWi-Fiは、その場所の営業時間までとなっていることもあります。
利用できる時間には十分注意をしましょう。

NTTドコモ、au、ソフトバンクなど携帯電話会社が管理しているWi-Fiサービス

携帯電話会社が提供するフリーWi-Fiもあります。
こちらも「フリー」と言いつつも、実は利用料はユーザーが払っている場合もあります。
料金プランの中に含まれていて、これに気がついていないままだったり、最初に説明を受けたものの忘れてしまったままだったりしている人もかなりの数いるのです。
せっかくですので使いこなしましょう。

契約している携帯電話会社によって多少異なりますが、基本的にはそのフリーWi-Fiスポットの回線と同じ携帯電話会社同士なら、無料のことが多いです。
ただ、場所や契約内容によっては接続できなかったり、別途追加料金が必要なこともあったりします。
加入しているプランによって異なりますので、きちんと確認しておきましょう。

2とても便利なフリーWi-Fi。しかし危険な面も!

便利なうえに基本は無料というメリットがある、フリーWi-Fi。
しかし、何も考えずに使っていると、思わぬトラブルに巻き込まれる危険性があります。
「便利だからいいや」「前に使ったときは大丈夫だったから問題ない」と思っている人も少なくないのですが、今一度ここで、フリーWi-Fiのデメリット(危険性)について確認しておきましょう。

盗聴・のぞき見されるかも

ほとんどのフリーWi-Fiは暗号化されていませんので、通信を盗聴されたり、サイトの閲覧履歴やメールをのぞき見されたりする可能性があります。
自宅のWi-Fiをつなげるのには、パスワード(暗号化キー)を入力して外部からの接触をロックしますが、前述したようにフリーWi-Fiではそのパスワードもフリーとなっているのです。
考えただけで恐ろしい話ですが、暗号化されていないWi-Fiでは、盗聴・のぞき見といったことが簡単にできてしまうのです。
特にビジネス目的でスマホやパソコンをつなげるときは、要注意。社外秘のデータを、簡単に見られてしまうことだって考えられます。

スマホの中のデータを抜き取られるかも

盗聴・のぞき見よりさらに上のリスクとして、データの抜き取りがあります。
メールの内容や閲覧履歴はもちろんのこと、場合によってはスマホにタグ付けしてある銀行口座の情報をはじめとする個人情報や写真、電話帳のデータなどを持っていかれてしまいます。

スマホを遠隔操作されるかも

遠隔操作なんて映画の中だけの話……と思わないでください。
遠隔操作は、パソコンやスマホの修理でも使われる技術のひとつですが、同時に悪用もいくらでもできます。
フリーWi-Fiに接続しているとこのリスクが高くなり、勝手に有料サイトへの会員登録をされていたり、遠隔操作をする人間にプラスになるような操作をされたりすることがあります。

もっとも怖いのはカメラの遠隔操作。
知らない間に顔や自宅を撮影されれば、スマホ1台の個人情報流出どころの話ではなくなります。
犯罪に使われてしまう恐れもあるのです。

フリーWi-Fiは便利な反面、このようなリスクが常に付きまとっていることを、よく覚えておきましょう。

3フリーWi-Fiを使いつつ自分のスマホは自衛しよう

便利なフリーWi-Fiですが、Wi-Fiそのもののセキュリティ性は前述のような懸念点があります。
スマホやパソコンをフリーWi-Fiに潜む脅威から守るには、自衛しかないのです。

では、フリーWi-Fiを使う上でしておきたい自衛の設定とは、どんなものがあるのでしょうか。
ここではすぐにできる4つの方法をご紹介します。

VPN

VPNを設定することが第一にできる自衛策です。
VPNとは、正式にはVirtual Private Networkといい、フリーWi-Fiを使っていても、これが設定されていれば仮想ネットワークを作り出して外部からの攻撃に備えられるものになります。
非常にスケールの大きい話に聞こえますが、フリーWi-Fiを「なんちゃって独自回線」に見せるだけの話。
構造は単純なため、これだけ設定すれば完璧というものではありません。

設定はiPhone、Androidともに、端末の設定画面にあるネットワーク関係の設定からできます。
また、独自のアプリも公開されていますが、アプリを導入する場合は、値段よりも信頼性の高さで選びましょう。
契約しているプランに、VPN 設定のあるWi-Fiを管理するアプリがついているケースもあります。

アドレスが「https://」ではじまるウェブサイトを見る

日々何気なく見ているウェブサイトですが、そのURLまで気にして見ている人はどれぐらいいるでしょうか。
フリーWi-Fiを日常的に使う人はもちろん、これから本格的に使用しようと思っている人は、URLの冒頭に「https://」というものがついているサイトを見るようにしましょう。

この「https://」の書き出しは、「HTTPS通信」と呼ばれる、通信を暗号化してくれる技術のひとつを採用している証拠。安心して使っても大丈夫という、お墨付きのついた通信でもあります。
現在は「HTTPS通信」はほとんどのサイトで使われていて、わざわざ探さなくても十分普及しています。
しかし、中には「HTTPS通信」ではない危険なサイトもあります。
さらに言えば、いかに安全が保障されているとはいえ、この技術も完璧にスマホやパソコンを守ってくれるというわけではありません。

Wi-Fiの自動接続を止める

Wi-Fiを常時どこでもつなげられるように、自動接続機能をONにしている人も少なくないでしょう。
フリーWi-Fiを端末が認識すればいつでもそれをキャッチして、Wi-Fiを使えるようにしている人もいます。
ですが、この使い方はフリーWi-Fiを使う上ではよくありません。

自動接続機能は無条件にWi-Fiに接続する機能。
フリーWi-Fiの中には、公衆のWi-Fiに交じって、個人情報の抜き取りを目的とした「なりすましフリーWi-Fi」があったりします。
接続先の確認をすればわかるのですが、この「なりすましフリーWi-Fi」、正式なフリーWi-Fiと同じ名前をしており、単なる接続設定画面だけではわからなくなっています。
そのため、自動接続機能をONにしたままにしておくと、どちらに接続されるかわかりません。
最悪の場合、そこから遠隔操作で個人情報流出の被害に遭うという結果になりかねません。

安全性をより優先するなら、必要な時だけWi-Fiの接続機能をONにする作業が必要です。
面倒だと感じる人もいるでしょうが、この操作だけで自衛になるのであれば、面倒などとは言っていられません。

セキュリティアプリ

これらの対策をした上で、さらにセキュリティ面を強化したいのであれば、セキュリティアプリのインストールをおすすめします。
パソコンもそうですが、スマホやタブレットは通信環境に常にさらされています。
いつどのような形でウイルスの侵入を許したり、遠隔操作の被害に遭ったりするかわかりません。
これらを防ぐために必要なのが、セキュリティアプリの導入です。

無料版と有料版の2種類がありますが、できれば費用を抑えたいというのは誰しもが思うところ。
しかし、VPNと同じく大事なのは値段ではなく信頼度。
値段で選ぶと、あとで別のトラブルに巻き込まれることも考えられます。
また、セキュリティソフトは1台につき1つまでが原則です。
それ以上入れてもセキュリティは強化されず、それどころかソフト同士が悪影響を与えることもあります。
気をつけて導入するようにしましょう。

これらをしたからと言って100%安全にはならない

以上、4点をお伝えしました、細かく言えばまだまだ方法はあるのですが、それらを含めてこの対策をすべてやったから完璧!とはいきません。
残念ながらどれだけ対策をしても、フリーWi-Fiを使用する以上は、何かしらのリスクを受けると思ってください。

フリーWi-Fiに100%安全安心というものはありません。
不特定多数の人が接続している以上、悪いことを考え、それを目的にしている人は数多くいます。
まさに「いたちごっこ」の状態で、こちらがどれだけ対策をしていても、相手は常にその上を行く何かで超えようとしてきます。
通信技術の進歩は日進月歩。日々変化しています。
フリーWi-Fiに端末をさらす以上は100%の安全は得られないと、頭の片隅に置いておきましょう。

ただフリーWi-Fiを利用できないとなると「ギガ死」につながったり、不便だったりするのもわかります。
必要最低限での利用に抑え、かつ可能な限りの自己防衛策をしておくことで、脅威にさらされる可能性はぐっと減ります。
まずは対策をすることが先決なのです。

4そうは言っても自衛は大変!モバイルWi-Fiなら安心・安全

自衛策はどれも大変です。
VPNやセキュリティアプリの導入で、思わぬ出費がかかる可能性もあります。
しかし、対策をしなければいつどこで脅威の被害に遭うかわかりません。

そこでおすすめしたいのがモバイルWi-Fi。
個人でモバイルWi-Fiを契約して持っておけば、フリーWi-Fiを使用せずに済みます。

モバイルWi-Fiとは ?

モバイルWi-Fiは、持ち運びができる小型のWi-Fiルーターを使って、どこででもインターネットに接続ができるサービスのこと。
ルーターの機種によって性能は変わりますが、1度に複数端末を接続できたり、スマホのデータ通信よりも大きな容量のものを扱えたりとできることはさまざま。
固定回線と遜色ない力を発揮します。

サイズは非常に小さく、充電式で、持ち運ぶのも手軽。
通信速度も、一昔前のモバイルWi-Fiは、どうしても固定回線に負けてしまっていましたが、現在はそんなことはなく、動画視聴も難なくこなせる優れものです。

おすすめWi-Fiをプロバイダー・機種別に紹介!

モバイルWi-Fiのサービスには、現在多くの会社で、購入とレンタルの2つがあります。
自分のニーズに合ったほうを選びましょう。

モバイルWi-Fiの月利用料はかかりますが、スマホのギガ数を減らして費用を抑え、モバイルWi-Fiをメインに使用するという選択もアリです。

WiMAXがオススメな理由

「モバイルWi-Fi」と検索エンジンに入力すると、膨大な数のモバイルWi-Fi事業者が出てきます。
これをいちいち比較するとなると、時間も手間もかかってしまいます。
そこでズバリおすすめしたいのは、WiMAX(ワイマックス)のモバイルWi-Fiです。

WiMAXは、UQ WiMAXが提供するサービスのひとつです。
WiMAXは手軽なものから最新機種まで幅広くありますので、選択肢が広がります。
また、取り扱っている事業者が多いのもWiMAXのモバイルWi-Fiの特徴。
信頼されている証と言っていいでしょう。

接続するときにはパスワードが必要なので、第三者が勝手に接続することはまずありません。
WiMAXはそれに加えて、オプションでセキュリティ対策もつけておくと、より安心に使うことができるのです。

5モバイルWi-Fi・WiMAXならGMOとくとくBB

多くの提携事業者を持つWiMAXのモバイルWi-Fi。
契約するならどこが良いか悩んでしまいますが、おすすめなのはGMOとくとくBBでの契約です。
GMOとくとくBB では、最新機種が選べるのはもちろんのこと、利用料金や容量面でとてもお得に感じられること間違いありません。

本章では、モバイルWi-FiをGMOとくとくBBで契約すべきポイントをお伝えします。

持ち運びに便利でもちろん家でも使える最新ルーター

モバイルWi-Fiルーターは、実は家で固定回線代わりにも使えます。
先にも少しお話しましたが、ひと昔前のモバイルWi-Fiルーターでは到底できない離れ技です。
それだけルーターも進化を遂げているということなのですが、GMOとくとくBBで購入できるモバイルルーターには、それに加えてもっとすごい機能を搭載した新機種があります。
それが「Speed Wi-Fi NEXT WX06」です。

  • Speed Wi-Fi NEXT WX06

この機種はWiMAXのモバイルWi-Fiルーターでは最新機種に当たり、もしかすると現在家庭でつないでいる固定回線よりもハイスペックである可能性もあります。

まずその最大の特徴は、周波数。2.4GHzと5GHzを同時に飛ばしているため、通信が不安定になるのを防いでくれます。
これはモバイルルーターでは数少ない特徴で、高速で電波干渉が少ないうえに、接続できる機器が大幅に増えるメリットがあります。
下り440Mbpsは動画やゲームを楽しむには問題なく使える環境です。
充電器に接続していなくても、最大14時間の連続使用ができるのもメリットのひとつです。

また、クレードルという電波を増幅させるアンテナを使えば、より快適に家の中で使えるでしょう。
同時接続も16台まですることができます。

料金も安い

ここまでの説明で「魅力はわかったけど利用料金が気になる」というのが本音ではないでしょうか。
ここからは費用に関する事をお伝えします。

まず、GMOとくとくBBでは、ルーター代は無料です。
実質プレゼントのようなもので、かかる料金はデータ容量によって変わる月額使用料のみになります。

月額使用料は、1か月で7GBのプランと、ギガ放題のプランの2種類がありますが、おすすめはギガ放題のプラン。
実はこの両者の間の差は1,000円ほどしかありません。
しかもGMOとくとくBBでは、ギガ放題プランも契約してから2か月目までは、税別3,609円で使えるキャンペーンを実施中です。
こちらは予告なく終了となる可能性がありますので気を付けてください。
割引期間後も月額料金は税別4,263円なので、非常にお得です。

また、使っているスマホがauの場合は、ここからさらに毎月1,000円の割引、UQ mobileなら毎月500円の割引があります。
ルーターの送料はかからないため、初期費用は事務手数料である3,000円とプランの初月分というお得さで始めることができます。

速度と容量もバッチリ

速度と通信容量も問題ありません。
モバイルWi-Fiの導入をためらっている人はこの点を気にしている人が多く、モバイルWi-Fiによっては実際どちらもあまりよくないものもあります。
しかし、WiMAXのモバイルWi-Fiは、先に紹介した機種も含めて通信速度・通信容量ともに大満足できるしょう。
通信速度では、主に下り値がポイントになります。
コンテンツを視聴したりダウンロードしたりするときに必要になる参考数値が下り値です。
その速度は機種によって異なりますが、440Mpbs~1Gbpsまであります。
最小値の440Mbpsでも、SNSやメールはもちろんのこと、動画の視聴やスマホゲームで使うにしても十分すぎる容量といえます。
固定回線の中には120Mbpsや320Mbpsとこれよりも速度の遅いものもあるので、この数値がいかに優秀かわかってもらえると思います。

また、月間データ容量が制限なしで月々4,000円前後と非常にリーズナブル。
どれだけ使ってもこの値段なのはうれしいですね。

キャンペーンがスゴイ

WiMAXのモバイルWi-Fiを扱っている事業者は多いものの、GMOとくとくBBがおすすめの理由はキャンペーンがすごいことにあります。
同じ端末を購入するならキャンペーンが豊富なプロバイダーでお得に契約したいものです。

お得なキャンペーンとして、選ぶ機種によっては、数万円のキャッシュバックが受けられるキャンペーンも実施しています。
こちらのキャンペーンも予告なく終了することがあるので注意してください。

契約から2か月という期間ではありますが、月額税別3,609円で利用できるメリットは非常に大きく、それがなくなっても4,000円台なので、普通に考えてお得です。
ルーター代もかかりませんし、初期費用節約にはもってこいのプランです。

申し込みの流れ

気になる申し込みの流れですが、非常に簡単です。

まずは購入する前に、利用したいエリアが通信可能エリアかどうかを、GMOとくとくBBのエリアマップで確認してください。
確認ができたら、申し込みましょう。
申し込む方法は電話とネットの2種類がありますが、ネットの方は24時間申し込みができるので便利です。
お申し込みフォームに必要事項を入力してください。
それらが終われば、あとは家に届くのを待つだけです。
タイミングが良ければ、最短即日発送をしてくれるのもうれしいポイントです。
GMOとくとくBB側に在庫がないこともありますので、申し込みには余裕をもっておく方がいいでしょう。

家に届いたら電源を入れて、パスワード等を入力し、接続すればOKです。

6まとめ

フリーWi-Fiを何の対策もなく利用していると、たちまち個人情報を抜き取られてしまうというトラブルに巻き込まれる可能性があります。
必ず何かのデメリットがある、リスクがあると思って使わなければいけません。
便利なことは確かなので、しっかり自衛をして使いたいところです。

フリーWi-Fiにある危険への自衛が不安だという人は、モバイルWi-Fiを検討してみてもいいでしょう。
モバイルWi-Fiはパスワードを知っている自分しか使えない、安心安全な回線です。
これらの点を踏まえて、どちらを選択するかよく考えてみましょう。
自分がどんなインターネットの使い方をするかを見直すことにもなり、副産物として通信料の節約ができるかもしれません。
ぜひ確認してみてください。

※公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

※内容を入力してください。