ドコモの「ahamo」は本当にお得?サブブランド・格安スマホの料金と比較してみた

ahamo(アハモ)はドコモの新しい料金プランです。
これまでより大幅に安い月額料金でスマホを利用できるようになったことから話題になりました。

しかし、他のキャリアのプランと比べてどのように異なるのか、気になる人もいるでしょう。
そこで、この記事ではドコモのahamoはどのようなプランなのか、他キャリアの同等のプランと比較しながら、料金やスペックの違いをくわしく解説します。

1
ドコモのahamoは本当にお得なの? ahamoのプランを説明

ドコモのahamoは、2021年3月26日から始まったドコモの新しい料金プランです。
ahamoは20GBまでは料金は変わらず、月額2,970円(税込)で利用できます。

5分以内の通話であれば、通話料は無料です。
超過分は30秒22円の通話料がかかります。
申込みはオンラインのみで受け付けており、dアカウントの取得、dポイントクラブへの入会、オンライン発行のdポイントカード番号登録が必要です。

また、ahamoを適用した機種の購入は、ahamo専用サイトからの申込みでしか受け付けていません。
申込者が自分でデータ移行や操作の確認などは行う必要があります。
また、故障の対応はオンラインショップかドコモショップで行う必要があります。
契約の対象になるのは、20歳以上の方限定です。

次の段落では、同様の通信容量の20GBプランで、他社プランと月額料金や通話料金、手数料や割引、通信速度面について比較します。

2
大手キャリアの20GBプランとahamoを比較

大手キャリアの20GBプランとahamoはどのように違うのか、気になる人もいるのではないでしょうか。
大手キャリアで比べると、利用の仕方によって、どのプランがお得なのかは変わります。
そのため、自分の利用スタイルに合わせて選べば、よりお得に利用できるでしょう。

ここではドコモのahamoと同等のプランである、auのpovo、ソフトバンクのLINEMO、楽天モバイルの楽天アンリミットとの違いについて解説します。

【au】povo(ポヴォ)

povoは、auで新しく契約できるようになったプランで、月額2,728円(税込)で利用できます。
ahamoとのプランとの違いは以下の表の通りです。

 
povo ahamo
月額料金(通信上限20GB) 月額2,728円 月額2,970円
通話料金 超過分は30秒22円
月額550円で5分まで無料
月額1,650円で通話かけ放題
5分まで無料
超過分は30秒22円
データチャージ 1GB:550円 1GB:550円
通信制限時の通信速度 最大1Mbps 最大1Mbps
割引適用 auスマートバリュー:対象外
スマイルハート割引:対象外
家族割:対象外
家族割プラス:割引・家族人数のカウント対象外(※1)
ファミリー割引:申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割:対象外(以前適用している場合、カウントのみ対象)
ドコモ光セット割:対象外(ペア設定は可能)
その他 1日220円で通信容量24時間使い放題
※1 21年夏までのご加入者は早期申し込み特典として、家族人数のカウント対象となります。
※すべて税込み

通話料金は、ahamoでは追加料金なしで5分以内の通話は無料になっていますが、povoの場合はオプションになっている点が異なります。
そのため、通話をほぼ利用しない方の場合であれば、povoの方がお得に利用できるでしょう。

また、povoは20GBの上限ですが、1日220円(税込)で通信量を1日無制限にすることが可能です。
データチャージや通信速度制限時の通信速度は、違いがありません。
また、申込み方法はahamoもpovpも、オンラインに限定されています。

【ソフトバンク】LINEMO(ラインモ)

LINEMOは、ソフトバンクで新規に契約できるようになったプランです。
LINE利用時には一部通信量がかからない点が、他のキャリアとの大きな違いとなっています。

 
LINEMO ahamo
月額料金(通信上限20GB) 月額2,728円 月額2,970円
通話料金 超過分は30秒22円
月額550円で5分まで無料
月額1,650円で通話かけ放題
5分まで無料
超過分は30秒22円
データチャージ 1GB:550円 1GB:550円
通信制限時の通信速度 最大1Mbps 最大1Mbps
割引適用 おうち割光セット:対象外
みんな家族割+:対象外
ファミリー割引:申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割:対象外(以前適用している場合、カウントのみ対象)
ドコモ光セット割:対象外(ペア設定は可能)
その他 LINEの通信が一部通信量0で利用可能
LINEのスタンプ使い放題
通話オプション割引キャンペーンあり(※1)
※1 スマホプラン加入から1年後まで、5分以内の国内通話定額オプションが無料または、かけ放題通話定額オプションが割引になるキャンペーン開催中。
※すべて税込み

LINEMOとahamoの大きな違いは、LINE利用時の通信量が無料になっていることです。
具体的にはLINEアプリの通話やトークなどが該当します。
そのため、LINEでのやりとりならほぼ通信量を気にすることなく、通話やトークが楽しめる点が特徴です。
また、LINEスタンプが使い放題のため、自分の好みに合わせたLINEスタンプを利用できます。
LINE利用が多い方やLINEで通話する頻度が高い人であれば、使いやすいでしょう。

ahamoは、通話料が5分以内までなら無料です。
ソフトバンクの場合、5分以内まで無料とかけ放題にする場合には、オプション料金を払わなければいけません。
そのため、ちょっとした通話が多い方はahamoの方が、メリットが大きくなりやすいでしょう。

【楽天モバイル】楽天アンリミット

楽天アンリミットの場合は、通信量に応じて価格が変わります。
20GBまでの場合であれば月額2,178円(税込)で利用可能です。
ただし、楽天回線エリア外ではau回線が適用され、通信量は5GBに制限されています。

 
楽天アンリミット ahamo
月額料金(通信上限20GB) 月額2,178円 月額2,970円
通話料金 「Rakuten Link」利用時:通話0円
通常利用時:30秒22円
5分まで無料
超過分は30秒22円
データチャージ 20GB超過後:月額3,278円で通信無制限
※ただし楽天回線外の場合は1GBあたり550円
1GB:550円
通信制限時の通信速度 最大1Mbps
(楽天回線エリア外)
最大1Mbps
割引適用 なし ファミリー割引:申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割:対象外(以前適用している場合、カウントのみ対象)
ドコモ光セット割:対象外(ペア設定は可能)
その他 「Rakuten Link」利用時通信量のカウントなし
SMSの利用が可能
※すべて税込み

楽天アンリミットは20GBまでであれば、2,178円(税込)とお得に利用できる点が特徴です。
また20GBを超えても、楽天回線のエリア内であれば、3,278円(税込)で、通信無制限で利用できます。
ただし、上記は楽天回線エリア内に限られており、エリア外の場合はau回線が適用され、5GBの通信量に制限されます。
その場合は上限に到達すると、解除するのに550円(税込)の追加料金が必要です。

また、その月の通信量に合わせて料金が変わるシステムになっており、1GBまでは0円、3GBまでは1,078円で利用できます。
そのため、3GB以下で利用する機会が多い人の場合は、お得に利用しやすいでしょう。

楽天回線のエリア内に限定して利用できる場合や、データ通信の利用頻度が少ない人の場合にはお得です。しかし、そうではない場合は、ahamoの方が優れた点が多いでしょう。

3
サブブランドとahamoを比較

大手キャリアのサブブランドであるY!mobile・UQ mobileと比べると料金がどのようになっているのか、気になる人も多いのではないでしょうか。
サブブランドの場合、利用料はahamoよりも安いケースが多いですが、ahamoの方が優れている点もあります。
そのため、利用者の利用頻度に合わせて選ぶと、後悔しない選択が可能です。

ここではahamoとサブブランドの料金はどのようになっているか、比較してみます。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobileは、通信量15GBで利用できるプランもあります。
おうち割光セットを利用すれば、お得に利用可能ですが、そうではない場合はお得とはいえません。
Y!mobileのシンプルMのプランとahamoを比較した表は以下の通りです。

 
Y!mobile ahamo
月額料金 月額3,728円
※シンプルMの場合(通信上限15GB)
月額2,970円(通信上限20GB)
通話料金 30秒22円
月額770円で10分かけ放題
月額1,870円で24時間かけ放題
5分まで無料
超過分は30秒22円
データチャージ 1GB:550円 1GB:550円
通信制限時の通信速度 最大1Mbps(※1) 最大1Mbps
割引適用 家族割引:対象(2台目以降毎月1,178円割引)
おうち割光セット:対象
(SoftBank Air/SoftBank光とのセット申込で毎月1,188円割引)
ファミリー割引:申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割:対象外(以前適用している場合、カウントのみ対象)
ドコモ光セット割:対象外(ペア設定は可能)
その他 店舗での手続きが可能
※1 シェアプラン(子回線)は親回線のプランにかかわらず、高速データ通信容量超過後の通信速度は128Kbpsとなります。
※すべて税込み

ahamoと比べると、Y!mobileのMプランは料金面では、安いとはいえません。
しかし、おうち割光セットを適用すると、毎月1,188円の割引が適用されます。
おうち割光セットが適用できれば、Y!mobileの方がお得になる場合があります。
また、店舗での手続きが可能で、ahamoと比べると、サポート面では利用しやすいでしょう。

ただし、通話料は22円(税込)が必要です。
そのため、通話の利用頻度がそれほど多くない場合には、Y!mobileの方がお得な場合があるでしょう。

しかしおうち割光セットが適用できない場合や、通話が多い場合は、ahamoを利用するのがおすすめです。

UQ mobile(ユーキューモバイル)

UQ mobileはY!mobile同様に通信量15GBで利用できるプランもあります。
ここではくりこしプランMの場合で比較してみましょう。

 
UQ mobile ahamo
月額料金 月額2,728円
※くりこしプランMの場合(通信上限15GB)
月額2,970円(通信上限20GB)
通話料金 30秒22円
月額550円で最大60分/月の通話が定額
月額770円で10分かけ放題
月額1,870円で24時間いつでもかけ放題
5分まで無料
超過分は30秒22円
データチャージ 100MB:220円
500MB:550円
1GB:550円
通信制限時の通信速度 最大1Mbps 最大1Mbps
割引適用 でんきセット割:対象(UQでんき/auでんきを新規ご加入もしくは
既にご利用中の場合毎月-638円割引)
ファミリー割引:申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割:対象外(以前適用している場合、カウントのみ対象)
ドコモ光セット割:対象外(ペア設定は可能)
その他 店舗での手続きが可能
※すべて税込み

UQ mobileのくりこしプランMは月額料金だけみると、ahamoより、やや安くなっています。

なお通話料金は、ahamoでは追加料金なしで5分以内の通話は無料になっていますが、UQ mobileの場合はオプションになっている点が異なります。
そのため、通話をほぼ利用しない方の場合であれば、UQ mobileの方がお得に利用できるでしょう。

また、Y!mobile同様に店舗での手続きが可能で、ahamoと比べると、サポート面でも利用しやすいでしょう。
しかし通話が多い場合は、ahamoを利用するのがおすすめです。

4
厳選3社!格安スマホ(MVNO)とahamoを比較

格安スマホとahamoを比べると、どのような違いがあるのか気になる人もいるでしょう。
ここでは格安スマホの中でも、人気がある、IIJmio、mineo、OCNモバイルONEとahamoの違いを解説します。

IIJmio(みおふぉん)

IIJmioはSIMの機能と、データ量を組み合わせられる点が特徴の格安スマホです。
そのため、自分の利用状況に応じて、細かいプラン設定ができます。
ここでは音声通話機能付き、20GBプランとahamoを比較してみましょう。

 
IIJmio ahamo
月額料金 月額2,068円
※20ギガプランの場合
月額2,970円(通信上限20GB)
通話料金 30秒22円
「みおふぉんダイアル」利用時:30秒11円
「誰とでも3分&家族と10分」の場合:660円
「誰とでも10分&家族と30分」の場合:913円
5分まで無料
超過分は30秒22円
データチャージ 1GB:220円 1GB:550円
通信制限時の通信速度 記載なし 最大1Mbps
割引適用 ひかりとセットでmio割:対象(IIJmioひかりとのセット申込で月額660円割引) ファミリー割引:申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割:対象外(以前適用している場合、カウントのみ対象)
ドコモ光セット割:対象外(ペア設定は可能)
その他 3日あたり366MBの制限あり
※すべて税込み

IIJmioは細かい料金プランの設定が可能で、同等条件のプランを単純に比較すると、月額料金が2,068円とIIJmioの方がお得に利用できます。
ただし、IIJmioの場合は通信量の上限に加え、3日あたり366MBの制限がある点に注意が必要です。

366MBは動画などを見ている場合には簡単に上限になってしまいます。
そのため、同様の通信上限であっても、実質的な使い道は制限があります。
通信を気兼ねなくしたい場合には、IIJmioはおすすめできる選択肢とはいえません。

ドコモのahamoは20GBの容量があり、通信も大手キャリアの安心感があります。
そのため、通信を気にすることなく利用したい場合には、ahamoがおすすめです。

mineo(マイネオ)

mineoはドコモ・au・ソフトバンクの3キャリアに対応しているので、以前使用していたキャリアの回線をそのまま使える格安スマホです。
料金プランも詳細に決められるため、細かい条件設定ができます。
ここではmineoのデュアルタイプ(音声通話付き)20GBのプランとahamoを比較してみましょう。

 
mineo ahamo
月額料金 月額2,178円
※20GBの場合
月額2,970円(通信上限20GB)
通話料金 30秒22円
mineoでんわ利用時:30秒10円
月額935円で「mineoでんわ」からの10分間以内の国内通話がかけ放題
5分まで無料
超過分は30秒22円
データチャージ 100MB:55円 1GB:550円
通信制限時の通信速度 記載なし 最大1Mbps
割引適用 複数回線割引:対象(複数回線のご契約で月額55円割引)
家族割引:対象(家族でご契約いただいた場合に月額55円割引)
ファミリー割引:申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割:対象外(以前適用している場合、カウントのみ対象)
ドコモ光セット割:対象外(ペア設定は可能)
その他 5G通信オプション:基本料金+220円
※すべて税込み

mineoは自分の使い方に合わせて音声通話の有無やオプションプランの豊富さなどがあります。
また、ドコモ、au、ソフトバンクの回線が利用可能で、同一キャリアであれば、SIMロック不要で、簡単に手続きできるのはmineoの大きな特徴です。

また、プランを自分の状況に細かく合わせれば、最安値を実現可能です。
最低利用期間もないため、いつでも解約できるため、不安に感じる必要もありません。
そのため、価格を抑えて契約したい場合には、選択肢になる格安スマホです。
また、データ容量が足りなくなっても、100MB単位でデータチャージできるため、通信量の上限を迎えてしまっても、必要最小限のデータチャージで済ませられます。

ただし、mineoはプランの豊富さゆえに、選ぶのに手間がかかることもあります。
その反面ahamoはプランがシンプルで選択肢はほぼないため、迷う必要がありません。
また、mineoは価格を抑えられる格安スマホですが、オプションを追加しすぎると、価格が高くなることもあります。

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは基本料金が安く、OCN光モバイル割を適用することで、より価格を抑えて利用できる格安スマホです。
月額1,760円(税込)で利用でき、必要に応じてSMSや通話の機能も利用できます。
さらにOCN光モバイル割を適用すれば、月額220円の割引も受けられます。

OCNモバイルONEで10GBのプラン、SMSありのプランの場合と比較すると以下の表の通りです。

 
OCNモバイルONE ahamo
月額料金 月額1,760円
※10GB/月コースの場合
月額2,970円(通信上限20GB)
通話料金 30秒22円
「OCNでんわ」利用時:30秒10円
月額935円で10分かけ放題
月額1,430円で完全かけ放題
5分まで無料
超過分は30秒22円
データチャージ 1GB:550円
※OCNモバイルONEアプリを経由した場合
1GB:550円
通信制限時の通信速度 最大200Kbps 最大1Mbps
割引適用 OCN光モバイル割:対象(OCN光とのセットの利用で月額220円割引) ファミリー割引:申込み可能(割引特典対象外)
みんなドコモ割:対象外(以前適用している場合、カウントのみ対象)
ドコモ光セット割:対象外(ペア設定は可能)
その他 基本通信量の繰り越しが可能
※すべて税込み

音声対応SIMカードを利用することで、前使っていたスマホの電話番号をそのままにして利用可能です。
また、OCNモバイルONEは、基本通信量の繰越ができます。
先月からの繰越が可能なため、利用する容量が月ごとに大きく変わる方などに特におすすめです。

また、仮に低速通信の状態になった場合でも、通信の最初の数秒間だけ高速通信速度でデータ通信ができるバースト転送機能もあります。
この機能があることで、SNSやメール・LINEなどちょっとした通信程度であれば、そのまま使い続けられます。

以上の点から通話の利用頻度が少なく、SNSやWebなどの利用が多い人の場合に、おすすめの格安スマホとなります。

5
まとめ

この記事ではドコモのahamoの料金プランについて解説し、他キャリアの同等のプランとくわしく比較しました。

ドコモのahamoは大手キャリアの安心感と、価格の安さがあり、使いやすい料金プランです。
しかし、使い方によって、他のプランの方がお得になるケースもあるため、うまく使い分ける必要があります。
この記事を参考に、うまく自分に合ったプランを選びましょう。

なお、ahamoをはじめに記事内で比較した大手キャリアの20GBプランやサブブランド・格安スマホについては、光回線とのセット割が対象外となっているケースも多いです。
そのため、光回線もお得に使いたいという場合には、セット割がなくてもシンプルに月額料金が安く・速度も速い「GMO光アクセス」がおすすめです。

GMO光アクセスは、プロバイダー運営実績20年以上のGMOインターネット株式会社が運営している「GMOとくとくBB」がこんな光回線があったらいいなというお客さまの声をもとに新たに開始した光回線サービスとなりますので、スマホの乗り換えとあわせて検討してみてはいかがでしょうか。

GMO光アクセスの詳細はこちら

※公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

※内容を入力してください。