• 光回線

最安値を選ぶポイントは?特典が豊富なおすすめの光回線の選び方

光回線を選ぶときにはどのように選べばよいか、そのポイントを知っているでしょうか。光回線といってもさまざまなものがあるので、迷ってしまう人は多いでしょう。この記事では、光回線の仕組みや、どのように選んだらよいかポイントを紹介いたします。

1.光回線の仕組み

光回線を選ぶ上で、まず基礎知識として光回線の仕組みについて知っておきましょう。そもそも光回線とは何か、光回線のメリットとデメリットについても説明します。

1-1.光回線とは何か

光回線とは、インターネットを接続する方法の一つです。光回線の契約をすることでプロバイダーに接続することができ、インターネットを利用することが可能になります。
光回線は光ファイバーケーブルを利用して、レーザー光により通信をするのが特徴です。高速通信が可能なため、インターネットを接続するさまざまな方法の中で主流となりつつあります。光回線の例を挙げると、ドコモ光、フレッツ光、auひかりなどがあります。

1-2.光回線のメリットとデメリット

光回線のメリットは、何といっても通信速度が速くて回線が安定していることです。通信速度は100Mbps以上もあり、短時間に大量のデータを送受信することができます。電気で通信をするADSL回線とは異なり、ノイズなどの外的要素にも強く、通信が途切れるようなことはほとんどありません。
光には損失が発生しづらいという特性があるため、基地局から遠く離れた場所でもほとんど影響はなく、快適にネットを楽しめます。仕事でインターネットを利用する人や、たくさんの動画をスムーズにダウンロードしたい人などは、光回線が向いているでしょう。

デメリットとして挙げられるのは、料金が高いことです。とはいえ、キャンペーンなどを実施しているところも多く、利用するプロバイダーによって料金は異なります。
光回線を選ぶときには、お得なプロバイダーをじっくりと検討することが大切です。別のデメリットは、光回線の引き込み工事が必要なことです。新生活のシーズンは工事を希望する人が多く、順番待ちが発生するケースもあります。

2.光回線と他の回線の違い

光回線についてよく知るために、他の回線との違いを比較してみましょう。まず光回線とADSLの違いを、次に光回線とCATVの違いについて説明します。

2-1.光回線とADSLの違い

ADSLとは、電話線を利用したインターネット回線です。電話とインターネットでは利用する周波数帯が異なるため、1本のメタルケーブルで電話もインターネットも使えます。家に固定電話がある場合、ほとんどの場合回線引き込み工事は必要ありません。しかし、その反面、電話線をインターネットにも使うため、外部の干渉が多いことがデメリットです。通信速度も最大50Mbpsで、光回線ほど早くはありません。さらに、ADSLは基地局から遠くなるほど速度が低下して、通信が不安定になってしまいます。

基地局から近いと高速通信が可能ですが、基地局から離れていると速度が遅いと感じることがあります。光回線より料金は安くすみますが、光回線のほうが使える範囲は広く、速度も速いということを覚えておきましょう。

2-2.光回線とCATVの違い

CATVとは、Cable Televisionの略称です。大型のアンテナから電波を受信して、それをケーブル経由で契約家庭に配信する仕組みです。CATVは有線接続なので、回線が安定しています。ケーブルテレビの視聴料とネットの接続料がセットになり、お得に利用できる場合も多いでしょう。

アパートやマンションのような賃貸物件がCATVと契約している場合も、光回線よりも安く利用できる可能性が高いです。CATV契約をすることでBS放送やCS放送なども視聴できるため、テレビを見るのが好きな人はたくさんのチャンネルを楽しめます。

デメリットは、光回線よりも速度や安定面で劣ることです。賃貸物件の契約の場合も、たくさんの人がネットに接続しようとすると速度は一気に低下してしまいます。テレビをあまり見ない場合は、月額料金が高いと感じることもあるでしょう。

3.何を基準にする?光回線を選ぶポイント

光回線を選ぶときに考慮したいポイントはいくつかあります。安さや通信速度、お得な特典など、選択基準となるポイントについて一つずつ説明します。

3-1.光回線の月額料金で選ぶ

1つ目に考えたいのは、光回線の月額料金についてです。光回線を契約するとかかる月額料金は、3,000~5,000円程度です。住まいによって月額料金のプランが異なることが多く、戸建てよりもマンションのほうが安くなる傾向にあります。

月額料金は各会社によって異なるため、それぞれを比較しながらじっくり検討するようにしましょう。月額料金を安く済ませることができれば毎月の固定費の支出を抑えられるため、月額料金はぜひ重視したいポイントです。

3-2.光回線の工事費で選ぶ

2つ目は、光回線を新規で申し込んだときに必要となる回線工事費です。光回線の工事でかかる費用は、一般的には一戸建てで2万円前後です。最初にまとめて一括で支払うほかに、分割で月700~800円など少しずつ払うことができるケースもあります。

各会社は目安の回線工事費用を明らかにしていますが、住まいの形態や今使っているネット回線などさまざまな要素により、実際にかかる工事費用は変わることがあります。念のため、いくらになるのか申し込むときにしっかり確認しておくようにしましょう。

この回線工事費用は、キャンペーンなどで無料になっていることもよくあります。約2万円が無料になるので、かなりお得です。キャンペーン情報をよくチェックして、無料期間中に申し込むのがよいでしょう。

3-3.通信速度で選ぶ

快適にインターネットを使用するためには、通信速度も大切なポイントです。光回線の場合はどれも高速通信なので、どの会社を選んでもほとんど差はありません。通信速度は、どこも概ね1Gbps程度です。しかし、中には通信速度をさらに安定させる仕組みを取り入れている会社もあります。

例えば、速度が速いと人気なのがドコモ光のv6プラスです。速度遅延を起こすボトルネックを解消させた接続方式を採用しているため、混雑が発生する時間帯にネットが遅くなるということはありません。v6プラス対応のWi-Fiルーターもあり、無線LANの環境でも高速通信を楽しめます。元々速い光回線の中でもさらに速度にこだわって選びたい場合は、こうした回線も候補に入れてみましょう。

3-4.携帯電話会社で選ぶ

光回線を、自分が持っている携帯会社で選ぶのも良い方法です。ドコモやauなど今持っている携帯電話会社と同じ光回線を契約すると、セット割で料金が割引になります。どれだけ割引になるかは、利用している携帯電話のプランや契約年数などによって変わるので、確認してみましょう。

携帯電話の支払いでポイントを貯めている場合は、光回線の料金分もポイントをためることができます。引き落とし口座が同じで請求書も1枚になるなど、通信費をまとめられるので分かりやすく、家計の管理をしやすいと感じることもあるでしょう。携帯電話会社の光回線では、オプションでひかり電話が利用できるなどのメリットもあります。

3-5.キャッシュバックや契約特典で選ぶ

最後に紹介するポイントは、契約をするときに受けられるお得なキャンペーンで選ぶというものです。光回線の契約をすることで、特典やキャッシュバックサービスなどがついてくるので見逃せません。

特典の内容は、Wi-Fiルーターのレンタル料が無料になる、プロバイダー料が無料になる、キャッシュバックが受けられるなどです。他社のネット回線を解約するときにかかる違約金を負担してくれるサービスが受けられることもあれば、テレビやゲーム機などをもらえる場合もあります。特典の内容は会社ごとに異なるため、どの特典がお得か、それが自分に必要かどうかを考慮して選びましょう。

キャンペーンを受けるためには一定の条件を満たしている必要があるため、自分が対象かどうか事前に確認しておくことも大切です。キャッシュバックの料金も各社それぞれなので、もらえる金額を比較しておきましょう。

4.最安値の光回線を選ぶポイントを理解して比較しよう

光回線を選ぶポイントをしっかり理解しておくと、最安値のお得な光回線を選ぶことができます。特に、月額料金が安いだけでなくキャッシュバックがあり、キャンペーンも豊富なプロバイダーで検討することをおすすめします。

※公開日時点の情報のため、お申込みの際は実際のお申込みページの情報をご確認ください。

この記事は役に立ちましたか?

ご回答ありがとうございました

この記事についてご意見・ご要望がありましたらお聞かせ下さい。

※内容を入力してください。